有料記事

スペイン風邪100年の嘘とコロナ

1

1〜9人が購入

約98%が自然に回復するというデータがあるにも関わらず、世界中の〝ビッグ・ファーマ〟はコロナ・ワクチンの開発に取り組んでいます。 ワクチンは、病原性を落としたウイルスを注射することで体の免疫力を高める予防であり、治療です・・・本来なら。 今から100年ほど前のスペイン風邪では、世界中で5,000万人から1億人が死んだといわれます。 ところが、このウイルスは発見されず、当時は「空から降ってきた謎のウイルス」とされていました。 100年後、元国連本部長がスペイン風邪に関する衝撃的な記事を発表していました。2020年、元ブッシュ財団のフェローがこの記事を解説しています。 「現代技術でもスペイン風邪のインフルエンザ株を特定できない理由は、インフルエンザではないからです。」 「第一次世界大戦では、機関銃やマスタードガスより病気の方がはるかに多くの兵士を殺した事実に、人々は気付いていません。」 この記事を読むと、1918年のスペイン風邪と2020年のコロナの間にいくつかの奇妙な一致があることが浮かび上がってきます・・・。 非常に長い記事ですが、深い洞察を提供してくれます。

レビュー

(1)

まだレビューがありません

その他(美容・健康)

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード