有料記事

‟分水嶺”を前にサインがいっぱい

1

70人以上が購入

≪目次≫ ~11月11日のサインは『分水嶺』~ ~「地と月の時代」から「風と太陽の時代」へ~ ~太陽の活動が活発化~ ~東京物語・再びの「小津安二郎サイン」~ ~京都から博多まで・香川県の鳥インフルに要警戒~ ~11月10日のサインは「スプートニク」~ ~「25ナンバー」のベンツがひっくり返った意味は?~

~11月11日のサインは『分水嶺』~

皆さん、こんにちは。 10月25日から腰の状態に違和感を感じ、本格的に痛み出したのは10月27日からのことで、やっと良くなったのは11月3日でした。この1週間は本当に大変でした。 そこで、足腰に筋肉をつけなきゃと思い、5日から近所を散歩することにしました。最初は往復30分ぐらいにしています。 10日朝のことです。散歩コースは3つあるのですが、その日は小学校の裏手を通るコースにしました。 グランドの真後ろに差し掛かった時、比較的新しいお宅の前に同じナンバーの車が3台駐車しているのを発見しました。 「えっ?!『12-22』のナンバーが3台ですって?!」 そうなんです。スマホ持参で散歩したわけではありませんので、写メは撮れませんでしたが、本当のことなんです。スマホを持っていたとしても、勝手に他人の家の車を撮影できませんけどね・・・(゚Д゚;)

『12-22』といえば、今年の冬至の翌日にあたり、20年に一度、土星と木星が水瓶座で重なる『グレートコンジャンクション』の日にあたります。 『木星』と『土星』という相反する働きをする二つの星が重なることによって、拡大されたものを削ぎ落し、新しい価値観の『風の時代』の基礎づくりが始まります。 そして、『12-22ナンバー3台』を発見した翌日の11日、『分水嶺~!』というサインが発せられました。 風は目には見えませんが、新時代の『風』が吹いているのです。すでに『人類の二極化』は始まっておりますが、12月22日からは本格的になると思われます。 (過去記事) ‟風の時代の到来”と弥勒下生(9/28) https://ameblo.jp/agnes99/entry-12628039316.html ‟風の時代の到来”と弥勒下生~(2)(11/6) https://ameblo.jp/agnes99/entry-12636391011.html

~「地と月の時代」から「風と太陽の時代」へ~

レビュー

(14)

まだレビューがありません

ブログの制作・カスタマイズ

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード