有料記事

朝の動画配信 11日のマーケット展望【動画とテキストで解説】

225採用銘柄はテック主導から内需主導を継続、マザーズは底入れ待ち

寄り付きは、昨日と同様にテクノロジーの売りが強く意識されやすく、Appleの自社製半導体を他の半導体メーカーが嫌気するだろう。 半導体SOX指数はほぼ一人負け、終値は3.01%のマイナスとAppleの発表が引けにかけての下落幅を拡大させてしまった。 また、昨日と同様、巣ごもり消費、テレワークには逆風吹きやすい環境、イーライリリーまでがワクチンの有効性の報道をぶち上げ、外に出ることを先取りした展開が続いている。 米国株式市場でも景気敏感系に買いが入り、東京で言う株価のバリューに買いが入りやすく、

レビュー

まだレビューがありません

資産運用・投資

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード