有料記事

「京都大学の英語で8割を超える」ための一考察

1〜9人が購入

「京都大学の英語で8割を超える」ための一考察

「京都大学の英語で8割を越える」ための一考察 1、問題意識(1)   京都大学の入試問題は「英文和訳」と「英作文」のみのため、その採点基準がブラックボックスとなっている。「どのような基準で採点されているのか」正確に答えられる教師、講師はいない。採点されている先生も分かっていない可能性がある。   私は名古屋大学の教育学部を卒業し、アメリカの公立中学で教師をし、30年以上予備校・塾・専門学校で受験指導を行ってきた。その関係で多くの英語教師、英語講師に接する機会があった。アメリカ人はもとより、イギリス人、オーストラリア人、アイルランド人など多くのネイティブと接する機会があった。   そこで分かったことは、日本には大別して3種類の英語があることだ。それは、「受験英語」「資格英語」「ネイティブ英語」の3種類だ。   受験英語と呼ばれるものは学校や塾で指導されている。受験参考書や問題集も多い。   資格英語は、英検やTOEICなどのことを指す。こちらは、塾や予備校とは別系統のECCなどの英会話教室で指導が行われている。ネイティブが指導することも多いし、LLや音声教材を使用することが多い。   そして、最後がネイティブの英語だ。私は英検1級や通訳ガイドの国家試験の勉強の途中でネイティブと話すことが多かった。彼らに英検などの問題を見せるといつも 「なんだ、これは。なんで日本人のおまえがこんな問題をやらねばならぬのか」  と尋ねられた。アメリカに住んだことがあるので、彼らの疑問はよく分かる。実用英語検定という名前だが、現在使用されている英語とは異なっている。  そこで、 「では、京都大学の入学試験の英作文ではどのタイプの英語が評価されるのか」  これが、この考察の問題意識だ。 問題意識(2)   第一段階として、英語の実力がなければ調査ができないテーマのため「受験英語」「資格英語」「ネイティブ英語」を知ることから始めた。   受験英語は現役で名古屋大学教育学部に合格し、受験指導を30年間行ってきたので、よしとした。   資格試験は英検1級、通訳ガイドの国家試験、国連英検A級、ビジネス英検A級を合格した時点で、よしとした。   ネイティブ英語は、アメリカのユタ州ローガン中学で1年間教師をし、帰国後英会話教室などでネイティブと20年間交際してきたことで、よしとした。   第二段階は、京大英語の専門家と呼ばれる人たちの英語力と指導方法を確認することだった。それで、まず名古屋の7つの予備校・塾・専門学校で英語講師を14年間した。   また、河合塾と駿台の「京大模試」を計10回受けてみた。定評のあるZ会の京大即応コースを8年間継続して、どのように採点されるのかもチェックしてみた。その結果、 1、講師に旧帝卒レベルの方がほとんどいない。 2、英検1級所持の方はほとんどいない。  ことが判明した。   講師や採点者の応募資格をチェックしても、明確な基準がない。提出した答案に対する添削も受験英語の域を出るものではなかった。赤本の模範解答を作成する予備校講師も、受験英語の参考書の域を出るものではなかった。   そこで、自分で京都大学を受けて確認する必要性を感じた。 2、研究方法  京都大学を実際に6回受験してみて、成績開示をする。その際、最初の2回は「受験英語」、次の2回は「資格英語」、最後の2回は「ネイティブ英語」を意識した書き方をしてみる。   その結果の平均値を比較することにより、どのタイプの英語が高く評価されるのかを考察する。年度による難易度の差、学部により採点者が異なると思われるので、そこも考慮して考察してみる。

レビュー

(1)

まだレビューがありません

お受験

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード