有料記事

【超時間術】能力で戦うな心理学で戦え!時間がないなら知っておきたい3原則

本書を手に取って頂き、ありがとうございます。 心理学を愛している、あいすべと申します。 amazonでマーケティング本を出版したり、心理学の絵本を出版したりしております。 隙間時間をつかって副業がブームになっていますし、ネットワークビジネスなら家でも簡単にできる時代になりました。 私もブログやSNS、youtubeとか色々やっています。 そして、稼げるようになって、友人たちを誘うことがあります。 「ブログ面白いよ!やってみたら?」 そうすると、かなりの高確率で返ってくる返事は。 「楽しそうだけど時間がないから難しいよ」です。 これを口にする人は、99%成功しないでしょう。 言い訳にしているからでしょうか?違います。時間がないという感覚でいると挑戦なんて出来ないからです。 挑戦には時間が掛かります。 なので、挑戦できないなら、成功なんて起こるわけがないのです。 私の場合は 正直今は、時間が少し余っているくらいの感覚です。 先日私は、こんなtweetをしました。

ション・エイカーさんの幸福優位性という授業が、ハーバード大学の学生に一番人気になっています。 幸福になれば、成功できるよ!成功したらから幸福になるのではないよ?って話です。 実は時間も同じです、成功したから時間が手に入るわけではないです。 【時間があるから成功できる】 過去の偉人たちの素晴らしい発想は、ゆとりのある時間がもたらした結果です。 私に時間的なゆとりが出来たのが最近なので、これからの自分に期待していたりましすw ゆとりのある時間の作り方を語るには、1日の時間について深く掘り下げていく必要があります。 1日は24時間ですが、その時間を最大限有効活用することの積み重ねが大切です。 まずは、時間管理の部分のお話をします。 時間管理で大切なのは、効率です。 しかし、皆さんも一度は経験があると思います。私もこんな悩みを抱えていました。 ・行動できない ・継続できない ・集中できない そして自己嫌悪に陥る。 でもそれは、気持ちが足りないのではなく、やり方が違うのです。やればできると良く言いますが、やるまでが大変なのです。 そこで使いたい学問が、心理学と脳科学です 本編の前に、少しだけ自己紹介をさせて下さい。 ・臨床検査技師の国家試験に合格し、就職 ・8年付き合った彼女と結婚、2週間後に不倫を暴露される ・人間不信になる、バツイチになる ・人間が怖くて、心理学を勉強 ・友人等のおかげで立ち直り、転職し治験会社に就職 ・妻と出会い結婚(2回目) ・治験会社が民事再生手続き(ほぼ倒産) ・公立病院に転職、公務員に ・病院経営が酷く不安になり、経営学を学ぶ ・病院が統合され、中核病院に ・焚き火に出会い、瞑想を覚える ・心理学を再度猛勉強 ・脳科学→歴史→哲学→古典→論文 ・病院の経営課長になる なぜ私が心理学を愛するに至ったのか、それは心を病んだせいです。 私の場合は、人間不信。 少し昔話に、お付き合い下さい。 結婚後、2週間で元妻に不倫をカミングアウトされました。 人間不信になる、きっかけの出来事でした。 家族や友人や同僚からの祝福の後に、たった2週間でどん底。 当時は、かなり落ち込みました。 髪が一部白髪になるし、10kgは痩せました。 これが心理学を学ぶ、きっかけになったのです。 1ヵ月くらいは、茫然自失って感じだったのですが。 沸々と湧き上がってくる感情は、このまま負けられないという思い。 そして今のままではダメだと、また同じことの繰り返しになると恐怖したわけです。 なので、勉強と自分磨きを始めました。 そのお陰で、学ぶことへの抵抗が全くなくなったのと、心理学に出合えたので感謝してます。 この離婚の話は、機会があればじっくりと話したいですが。 そんな経験から、すがるように学んだのが、心理学。 自分の心を救うのに、必死でした。 毎日毎日、本を読み実践し、哲学書を読み頭を悩ませた。 中村天風さんの哲学書とか、ブラック心理学なんてタイトルの本を読み漁ってた。 また浮気されるのが怖かったので、心理学を勉強していました。 そして心理学をたくさん学ぶと、なんで心を病むの?とかなぜ人に惹かれるの?と考えはじめました。 もともと脳波検査などは、本業の仕事でもしていたので、脳科学の勉強は抵抗なく始めました。 結局対人関係の反応を調べると、脳に行きつくのです。 そんな経緯と経験から学んだ、心理学と脳科学。 心理学と脳科学の観点から【時間について】お話するのが今回のnote! ▼本題に戻ります▼ ・行動できない ・継続できない ・集中できない 冒頭のこれらの理由は、脳の仕組みからなるものです。 人間の行動原理は快楽と痛み、から成り立ちます。 快楽を求め痛みを避ける。 行動原理を理解して、上手にそれぞれをコントロールするところから始めましょう! 上手くコントロール出来れば、仕事の忙しいは関係ありません。 サラリーマンでも主婦でも学生でも。 【つまり想定読者は時間のない人】 私みたいに、時間的な余裕があるよって方は読む必要ないですね! メインの仕事や、学業があって、何とか効率よくやりたい人向けのnoteになります。 例えば、1日の間に2時間しか、時間が取れないと言う方も見えると思います。 効率を最大化して、他の作業を早く終わらせ、隙間時間を増やす。 1時間増やし3時間にして、更に濃度を濃くすることも可能です。 なぜあの人は時間がないはずなのに、こんな結果を生んでいるの?って人いますよね? 逆に、なぜあれだけ時間があるのに、終わっていないの?って方もいると思います。 後者になってしまうと、何時間あっても人の半分の質のモノしか出来なかったり、結果を出すのに時間が掛かります。 短時間で結果を出すために、心理学と脳科学をフルに使って、効率を上げましょう。 そして、行動を見つめ直すことで、安らぎを感じることも可能になります。 【また圧倒的に楽です】 根性でなんとかするのではありません。 小学校、中学校と、6年間剣道部だった私は、根性を刷り込まれてきました。 気絶しても、水をかけられて起こされるという、今では考えられないブラック部活でした。 お陰で全国大会もいきましたが、うん、辛かった。 そんな刷り込みもあって学生の頃は、全て根性でなんとかしてきましたが、今考えれば効率が悪すぎます。 根性ではなく原理を知り、それをうまく使う。 原理を使えば、根性はさほど要りません。 そして原理を語る上で、人類史を無視することはできません。 人類史は、500万年という長い期間で構成されています。 人類史500万年の大半が、いやほぼすべてが狩猟採取生活を送っていました。 【脳は狩猟採取生活をベースに構築されています】 この事実を忘れてはいけませんし、脳の作りを理解する上で大切です。 それを研究したのが、脳科学であり、心理学です。 心理学的効果は、狩猟時代の行動が元になっています。 愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ - オットー・フォン・ビスマルク - 厳密にはビスマルクさんじゃないですけど。それは置いといて。 歴史って、猛烈な数の人と、長時間の実験結果見たいなものです。 長い検証期間に、優るデータはないのです。 なので、歴史から学べと言われるわけですね。 歴史と言っても、残っている情報は1万年前くらいなモノなんです。 それよりも、500万年の長きに渡った行動原理を知らないのは、大損なのです。 脳内物質のホルモンも全て狩猟時代が元です。 脳内ホルモンって聞くと、難しい話に感じるかもしれませんが、そんなことはありません。 名前を覚えるんじゃなくて、効果だけ知ってしまえば付き合えます。 人間の行動はホルモンに大きく左右されています。 これまで、もしあなたが出来なかったとしたら、それは間違った考えと行動です。 私も毎日、目標を書いていますが、これはどんな効果があるのでしょうか? メモの効果も、プライミング効果+αで効果アップしたりします。 一緒に考えていきましょう! 本書はいくつもの本や論文、私の仮説まで入っています。 仮説って、割と当たるんですよね。経験値が高ければ、90%の確率で当たるとも言われてます。 本書のかんたんな流れを、説明しておきます。 ・集中力の仕組み 集中力の基本をお話します。集中力は何からもたらされるのか?なぜ朝活が良いのか?などの初めに解説します。 ・集中力の回復法 集中力は使えば、どんどんなくなります。なくなったら、回復しなければいけません。どうすれば回復するのか?効率的な回復方法を解説します。 ・集中力を増やす 集中力は限りがあるのですが、工夫すれば総量を増やすことも可能になります。 ・集中力を減らさない 実は何もしなくても集中力は減っていきます、これを抑制することでたくさんの恩恵を得る事が出来ます。 ・行動する具体的方法 上の集中力の操り方を踏まえて、具体的な方法を提案しています。私も実際にやって、効果が高い手順や方法を解説。生活の中に取り入れました。 こんな流れで行きます。 では早速いきましょう!

◤集中力の仕組み◢

 ■集中するコツ

始めに言いたいのが、午前中に書き物が良いという事! 起床後3時間 クリエイター・作家・ブロガーには【ゴールデンタイム】 集中力は朝が最も高く、徐々に下がっていく右肩下がりの直線を描きます。 つまり起床後直ぐに自分のやりたいことを持ってくるのが、一番投資効果が高くなります。 私は本を書くことが今一番の目的になっているので、この時間に割り当てています。 午後は思考する時間にする方が、効率がいいです。 朝時間を上手く使う事で、本当に人生が変わります。 自分の一番やりことから1日始まる これって、素晴らしいことだと思いませんか? 時間がないと感じているのは、自分のやりたい事に時間が割けないから余計に感じます。 でも、1日の始め、そして一番元気な時に、自分の好きな事をする。 この満足感だけで、1日が楽しくなります。 その日が例え、面白いことがなくても、もう一番やりたい事は済ませているので後悔がありません。 疲れて帰って寝ても、良いのです。 あれやりたいと考える事がないです。もう終わっていますから。 ということで、猛烈におすすめです。 ▼午後の作業例▼ ・戦略 ・自己分析 ・勉強 ・読書 ・雑務 これはホルモンの関係から、このようにした方が効率が高くなります。 ホルモンにはいくつか種類がありますが、行動に大きく関わるのは以下のホルモンなどがあります。 ▼行動ホルモン一覧▼ ・ドーパミン ・アドレナリン ・セロトニン ・メラトニン ・エンドルフィン ・テストステロン ・GHホルモン これらのホルモンを使いこなすことで、脳をコントロールします。 ホルモンに関しては、後で詳しく説明しますので気にしないで大丈夫です。 というか、全然覚えなくて大丈夫です。 でも簡単にセロトニンだけ、触れますと。 【集中力のホルモン】 朝に出るので、この時間がゴールデンタイムになります。 ですので、セロトニンが多く出ている間に重要な仕事をこなしてしまうのがベストです。 この朝の時間が、サラリーマンや主婦や学生にとって一番重要なのです。 こんな事を言ったら、怒られるかもしれませんが。 ▼私の場合▼ 自分のゴールデンタイムは自分に使います。 私は病院勤務のサラリーマンです。 仕事は一定の集中力を必要とはしますが、作業に近い内容です。 毎日同じことを繰り返すので、集中力よりも知識とマニュアルがあれば大丈夫です。 しかし本を書くのは、クリエイティブな作業なので集中力で仕上がりが違います。 会社の仕事に一番集中力を使いたいなら、7時に起きて8時に仕事をするのがいいかもしれません。 繰り返しですが、集中力は朝が最も高く、徐々に下がっていく右肩下がりの線を描きます。 主婦であれば、単純作業は午後に回すとか。 学生であれば、レポートは朝やって、インプットしたい授業は午後にするとか。 本編はホルモンだけではなく、脳の本来の働きや本能、RAS、食事、スケジュール管理、心理学を複合した内容になっています。 なぜ目標の明確化と、書くことが大切なのか? 脳科学を知ると、すんなり腹落ちすると思います。 あなたの人生を劇的に変化させるのは、少々のキッカケだったりしますので、良かったらご覧ください。 頑張ってやろうとするのではなく、頑張らないでやる仕組みを作る。 仕組み作りの最適解を考えました このnoteを書くにあたり、読んでいる本は50冊以上。 それ以上に、もともとの医療職の知識、そして論文に実体験から効果が高いモノを集約しました。 これらから、私のnoteは支えられています。 本50冊は、1冊1500円くらいしますから、75,000円分の知識と国家資格の知識と論文。 なかなかお得な、バリューセットだと思います。 そして何より、誰でもできます! 再現性の高さが、このnoteの売りですね。 仕組みを知って、先ほどのように夜やっていた作業を朝にするだけでいいのです。 【かんたんです】 しかしそれでも難しい場合の対策も、紹介しております。 冒頭でもお話ししましたが、時間がない場合、新しい事を始められなくなってしまいます。 それではいつになっても、変わることが出来ません。 まずは時間を作ることから、始める必要があります。 このnoteはワンコインです。 ワンコイン手に入れるのに、どのくらいの時間働いていますか? 時給500円なんて、ありえませんので、1時間未満の時間で得れる賃金です。 1時間に満たない時間を、使えば効率的な時間運用が可能です。 時間効率があがれば、1日か2日で元が取れると思います。 この後、本書のタイトル 【超時間術】 能力で戦うな心理学で戦え!時間がないなら知っておきたい3原則 この3原則から、説明して行きたいと思います。 正直私は、この方法を知らない自分には、絶対に戻りたくないです。 ほんの数年前までは、知らない状態でした。 なんという時間と人生の無駄をしてしまったのだろうと、後悔するレベルです。 これから時代、この原理原則を知らないと、搾取される側から抜け出すのが難しいでしょう。 時間は、人生そのもの。 さぁ。あなたの明日、いえ人生を変えましょう!

レビュー

まだレビューがありません

資格・スキルアップ・仕事術

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード