有料記事

新型コロナウイルス感染予防を考えたノルディックウォーキング

ノルディックウォーキングをするために準備するもの

ノルディックウォーキングだけではなく、ノルディックウォークやポールウォーキングもそうなのですが、まずポールは、非常にウイルスに好まれる素材であるということです。 ウイルスは、ツルツルした物が好きで、付着しますいのです。 なので、まず、大切なのは、携帯のアルコール消毒液などを持参しておく事をオススメします。 アルコール消毒液があれば、ティッシュペーパーも少し多めに持参する事をオススメします。 その次にマスクです。 マスクは、飛沫感染の危険性を感じるまでは、個人の判断でしなくても良いかと思いますが、やはり飛沫感染の危険性を感じる場合は、マスクの着用は、必要です。 これは、他人(ひと)にうつされるというのを考える前に、まず『自分自身がもし感染者だったら』という謙虚な気持ちが大切です。 そして、人混みのない場所でも気になる方は、マスクまではいかなくても、熱を放出したり、少々冷やしてくれるような物を口の辺りに覆うのも良いようにも思います。 また、それでもウイルスを除去したいと思われる方は、鼻や口を覆うような感じで、不織布を付けてみるのも効果的だと思います。 これは、100円均一などで家庭雑貨の布巾などの布で販売もされていました。 私は、UNIQLOのAIRismのマスクを人混みではしていますが、より人混みが激しくなった時は、ウイルスを除去してくれるマスクに交換します。

そして、注意して心がけた方が良いのが・・・【必見】

ニュースなどの報道で、東京や大阪などで特に感染者の数が報道されますが、ここで最も注目するのが、『感染経路不明者』の割合の多さだと思います。 ここで、一番多く思われるのが、『無症状感染者などとの接触かな』と思われている方が多いのではないでしょうか。 では、なぜ、マスクをしていて、アルコール消毒も小まめにしているのに、感染者が増えるのでしょうか。

『エスカレーターの手すりを触ってませんか?』

『電車やバスのつり革を握ってませんか?』

その手で目をこするだけでも、感染の確率はあるのです。 新型コロナウイルスのウイルスは、約48時間は生きていると言われています。 だからこそ、手洗いや消毒を小まめにする必要があるのです。

だけど、それ以上のまさか・・・が

レビュー

まだレビューがありません

その他(美容・健康)

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード