有料記事

ノーベル賞の22%を輩出するユダヤの教育思想について

1

1〜9人が購入

ノーベル賞の22%を輩出するユダヤの教育思想について こんにちは。ヨッシー佐藤です。 今回は指導法レッスンでご紹介しているユダヤの教育思想について、一部をご紹介したいと思います。 指導法レッスンは、文字通り「指導の仕方」をご紹介するレッスンなので、ピアノの演奏方法ではなく、指導理念や教育思想、その他教育に必要な分野の学びを行っています。 よくジャズピアノが「弾ける」から、ジャズピアノを「教えられる」というお話を聞くことがありますが、これは全くの誤解です。 「弾ける」と「教えられる」では、文字が違うくらい全くの別物で、それぞれ10000時間以上専門的に学ぶ必要があります。 なので、社会には演奏のためには音楽大学があり、指導や教育のためには教育大学が存在しているのです。 さて、ご存じの方も多いと思いますが、ノーベル賞の22%をユダヤ人が占める、世界の名だたる著名人の多くがユダヤ人と言われています。 優秀な人材を世の中に送り出している背景には、ユダヤ人がとても重要視している教育があると言われています。 なので、そういったユダヤの教育、教育思想を学ぶことで、少しでもよいレッスン指導を行い、優秀な生徒さんを育てる一助になるのではないか?というのが僕の考えです。 僕も若い時からユダヤの教育や思想に興味を持って、学んできました。 さて、アメリカに滞在していた時に、街のジャズコミュニティーがあったのですが、その理事長はユダヤ人でした。 帰国前に、現地の音楽関係者の方々から、寄せ書きをいただいたのですが、理事長からは次のような言葉をいただきました。 「ヨッシー。知っておいてほしい。君がジャズでこの街に貢献してくれたことに私は感謝していることを。(Please know that I appreciate your contribution to jazz in El Paso. Good luck and come to see us.)」 多くの寄せ書きは、「出会えたことに感謝しています。」とか、「寂しくなるね。」という内容でしたが、理事長のコメントだけは、「街への貢献への感謝」という言葉でした。 やはり、多くの人たちと少し視点が違うのは、ユダヤ人だからでしょうか? というわけで、今回はユダヤの有名な格言の中から3つをご紹介し、これらの格言の背後にあるユダヤの教育思想について深堀してきたいと思います。 今回ご紹介する3つの格言はこちらです。 ①反芻する動物は清い ②失敗の償いの先取りをする ③心に祭壇を築く それでは、早速考察していきたいと思います。

レビュー

(4)

まだレビューがありません

習い事

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード