有料記事

「私自身」との対話

「私自身」との対話、日常でどれくらいしているでしょうか?意識としてはそんなにはないのでは?と思うかもしれませんが無意識状態を合わせれば常に「私自身」との対話は行われています。 その対話の中で、あなた自身が「選択・行動」をしていく上での基準軸が有り、その基準軸を基に「私自身」との対話が行われていきます。 いつも書いているように各々それぞれ違った価値観・世界を人は持っています。何故、違っていくか?それは上でも話しているように内側に持つ自分自身の基準軸、大切にしたいもの、意識のアンテナによって同じ現実を体験・経験したとしても全く異なっていくからです。

今までは「それぞれが異なっている」という事を認識していくような記事を書いていましたが、今回はその内容について書いていけたらと思います。 日常生活の中であなたが意識・無意識状態の中で多々している「私自身」との対話は、どんな事をしていると思いますか?大雑把にカテゴリー分けしていければ、仕事、恋愛、家庭・家族、それらも含めた人間関係、などなど?様々な「今起こってきている事」に対して、あなたは意識アンテナ・基準軸を立てて「どんな選択・行動をするのか?」と意識を集中しているかもしれません。 そしてそれらの実際に選択・行動した事にでさ、また意識を向けて合わせて改めて思考して「そして、どうするか?」と考えを何重にも起こしてっているかもしれません。 ただ今回は内容を見ていくと話していたように、あなたが意識・無意識状態かどうかは関係が無くて、実際にあなたが選択・行動した事を見比べていってもらいたいのです。 その選択・行動の根底には今回のテーマである「私自身」との対話が有り、その対話から発生していっている選択・行動をそのまま純で表現しきれている状態であるならば順不同であり「パターン(癖)」に囚われている状態はあまり無いと思いますが、多くの人が「何かしらの繰り返してしまっているパターン(癖)」が見えてきます。 そしてそういった「自分自身」との対話で、あなたがどんな「問い」を立ててあなた自身と対話していて、それすらも純なものなのか?それともあなた以外の他者や何かしらから影響を受けてしているものなのか?も見えていきます。 こうやって「自分自身」との対話という「点」だけのフォーカスを充てるのではなくて、実際に現実日常の中で選択・行動している「こと」から繋げて掘り下げて見ていく事で、あなた自身の根底にちゃんとアプローチが出来ていくのです。 では実際にあなたが最近でいいので、実際に選択・行動している事(決断)を書き出していき、その中で同じような癖(パターン)があるものはないでしょうか?もしあるようならそれらをより詳しく「どんな「自分自身」との対話をした上での実際の選択・行動なのか?」と掘り下げていってみてください。もし中々見えにくい見つからないなと思うのであれば、

レビュー

まだレビューがありません

その他(ライフスタイル)

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード