有料記事

怒りとの付き合い方とは?

怒りとの付き合い方とは?日常生きていると様々な感情が自分の内側から渦巻き生まれてくると思います。その感情の中でも人が敬遠したがるのが「怒り」です。 怒りという感情はどこか「強さや痛み」を伴い、発する側も普段から発するをしていないと発する側にも負担がかかります。ですがその「怒り」を自分の中で滞らせる・我慢するとすると、その内側にて暴発していきいつもお話しているようにサイン(症状)として心身へと現れていきます。 では「怒り」というそれだけの「強さや痛み」を伴う感情と、どう付き合っていけば良いのか?を今回は書いていきます。 そもそもに「怒り」が伴っている「強さ」や「痛み」とはどこからきていて、どういうものなのでしょうか?「強さ」の奥を見ていけば見方によっては、「自分の意志を伝える(主張)」とも捉えれますがそれが他側から見ていくと「押さえつけるような、強制のような、駄目だと言われているような圧」という「強さ」が多いのかなと。 そうやって見ていくとその「怒りという強さ」の奥には、以前にも話した(記事「寂しさを解消するには?」)自分の内側にいる「小さな自分」に対して、抑制しているような・駄目だと言っている場合が多いです。

自分が自分の内側=小さな自分、自分自身に対してキツク苦しくなるような「強さ」をすればするほどに、内側では不満・辛さ・苦しさという「痛み」が溜まっていきます。 そしてその「痛み」を放出し易い相手が目の前に出現すると、表面的な何かしらの理由を乗せて一緒に吐き出している場合も結構多いのではと思います。(本人は無意識の場合が多いです。) 「怒り」との付き合い方としては、「何かしらの経緯を通して、自ら自分の内側の小さな自分を痛めつけていた時に発生しているもの=怒り」を、自分で受け入れ=癒していくことです。 そしてもう一つは、「怒りは出してはいけない」というブレーキがもしかかっているならば、外していく事です。前者の方は「怒り」を放出する・出していく事に対しては特に問題は無く、ただ逆に出し過ぎている・他者に当たりすぎて自分事として付き合えていない為に根本的な解消・付き合い方としてなっていない状態です。 後者の方は、普段から自分の気持ちや思いを表現していく事に、躊躇や周りに気を使い過ぎていたり合わせがちの方に多く、「怒りという感情を通して怒りに占領され怒る自分自身」に対して恐れや怖さを持っている状態です。 前者の場合には、上でも述べているように自分以外の事として責任転換をせずに、「自分の内側で何故この「怒り」が発生しているのだろうか?」と逆に自分自身にベクトルを持っていく意識を持ち何度も自問し、癖付けをしていくことです。 前者にしても後者にしても、この「怒り」というのは自分の内側=小さな自分が自分自身に対して発しています。それだけ自分が自分自身に対して「本当はこうしたかった・言いたかった・こんな事はやりたくなかった等」と、自分の内側=本当はこう感じ・思っていたに対して抑制してしまったり・無視してしまったりと「傷つけ・痛みを伴わせた」時の【怒り】なのです。 ですのでその発生している【怒り】の根源を見ていってあげない限りは、いつまで経ってもその「怒りの現象」は変わりません。 そして後者に関しては結論的には、

レビュー

まだレビューがありません

その他(ライフスタイル)

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード