有料記事

ドル円 逆張り投資法!

1

1〜9人が購入

落ちてくるナイフを掴め!! 逆張り投資法

レンジ相場、 現在のドル円はそう呼ぶのにふさわしい動きではないでしょうか? ボラティリティがない、 これはトレードを行う上で有利性がない環境といえるはずです。 諦めるしかないのでしょうか? 相場を張るうえで諦めは敗北を意味します。 環境が良くなければそれに合わせて手法を考えていく、これが必要となるはずです。 この教材は低ボラティリティに特化したトレード手法について構築してあります。 どのような時でも勝ち方は存在するはずです。 是非トライしてみてください。 また、この手法を購入された方は、 アメンバーの登録をして頂く事が可能となります。 アイコンを同じで購入して頂けるとスムーズに登録させて頂けます。 アメブロ限定記事は間もなく再開します。

レンジの環境認識 そもそもレンジとは何か? これについての定義から始めなくてはなりません。 環境が適合していなくては成立しないからです。上記の概念図はレンジ相場を表したものです。 方向が出ていない、レートが進まない、概ねそのような状況といえるシーンです。 しかし、概ねでは確率が高くはならないはずです。 まずはレンジ相場の定義とは?についてから始めていきます。 相場における定義は数字で理解していなければ、明確に判断出来ないはずです。 これを考えた時、比率が重要となりえるのです。 尚、この手法はアメブロリアル解析記事、リアルトレード記事の元になる手法となります。(レンジ相場の判断時、限定記事にてお伝えしていきます。) 手法を理解した上で毎日記事を読んで頂けると、一層理解が深まると思います。 教材の中での解説にはアメブロ記事に使用している下記の概念図を使用します。 なぜなら概念図を見てレートの分析が行われている場合、より理解しやすくする為です。

まず基本となるのはこの概念図です。 トレンドがないのですからトレンドレス、つまりレンジ相場の中 この概念に適合しているかはリアル解析記事

配置図で具体的に書いていくつもりです。 この配置図においてレンジの定義を満たしていれば手法は有効となる可能性が高くなるはずです。 では進めていきます。

レビュー

まだレビューがありません

マネー・副業

もっとみる

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード