有料記事

韓国ドラマ【宮】二次小説 『幼い日の別れの歌 3』 二ノ宮 香衣

1〜9人が購入

チェギョンに渡すはずの白磁の指輪を強く握りしめた。 『どうして僕が!?だって皇太孫はユルじゃないか!!それなのにどうして僕が!?』 ユルを廃して僕がユルの座に就くなんてお祖父様がお許しになるはずがない。 何かの間違いだ。 しかしーー。 ユルは言った。 「シン!お前は泥棒だ!!」 とーー。

レビュー

まだレビューがありません

ブログ・HP制作

もっとみる