有料記事

【第二章・・・徐々に明らかにされる事実】4

1

1〜9人が購入

《 罠… 》  閉店した ふみこ美容室が、照明を落としてから暫らくの時間が過ぎた頃。 時刻は、やがて午後8時半になろうとしていた。 近くの商店街でも 殆んどの店が8時で閉店する為に、人通りも 全くと言って良い程、無くなって静けさが辺りを包み込み始めていた… その頃。 商店街の方から、こちらに向かって真っ直ぐに、一つの人影が近付いて来ていた。 寒そうに、背中を丸めて両手をポケットに突っ込んだ その人影は、どうやら スラリとした長身の男性のようである。  その男は、ふみこ美容室の駐車場前で一旦 立ち止まり、辺りを キョロキョロと見回しては、周りに誰も居ない事を確認すると、歩道と 駐車場の境にあるチェーンを、軽々と跨いで 美容室の敷地内に入って来た。  そして、いかにも勝手知ったる様子で 真っ直ぐ迷わずに、店の裏側の 干し場の方へと どんどん進んで行く。 そこで、自分の目の高さ位に、いつに無く沢山 干してあるクロス類を かき分けながら、その際に 各々のクロスの袖や裾の部分を摘んでみる。 そうやって、そのツルツルとした素材感を楽しむようにしては、一々 匂いを嗅いでみて 吟味しているようだ。

レビュー

まだレビューがありません

その他(動画・音楽・文章)

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード