有料記事

【仮説】空海がスーパーマンになった理由

1

60人以上が購入

≪目次≫ ~プロローグ・夏至の法事~ ~月の時代から太陽の時代へ~ ~月は毎年3.8cmづつ地球から離れている~ ~原始の地球に月はなかった~ ~空海は知っていた~ ~26日夜「新日本風土記・高野山」を観ていたら~ ~774年-775年に起きた謎の大事件とは?(1)~ ~774年-775年に起きた謎の大事件とは?(2)~ ~774年-775年に起きた謎の大事件とは?(3)~ ~スーパーマンの故郷は「クリプトン星」~ ~エピローグ~

~プロローグ・夏至の法事~

本題の空海さんの話題に入る前に、21日夏至の日に執り行われた法事での出来事をお話しましょう。 その日は私の実父の二十七回忌のため、菩提を弔っている実弟の家に行きました。ご僧侶が来られるまでの短い時間に世間話をしました。ちょうどTVでは河井夫妻の件を報じていました。 (弟) 「日本はこれから大変だ。田中角栄みたいな決断力、指導力のある政治家が出てこないことにはどうにもならん。だけどいないよなぁ・・・」 (アグネス) 「世襲議員ばかりだしね。政治の世界は綺麗な世界ではないけれど、現内閣は『税金ふんだくり内閣』だからね~。それと、昭和のような時代はもう戻らないし、10年後の世の中は今とは全く違っているからね~」 (弟) 「ところで、二十七回忌の次は三十三回忌、五十回忌となると流石に・・」 (アグネス) 「五十回忌は無理でしょ。私たちが生きているかどうかわからないわ~。大体は三十三回忌までで良いと言われているわよね。その理由はね、死んだ魂があの世に行くでしょ。また地球に生まれ変わってくるのに普通30年~40年かかると言われているので、三十三回忌で打ち止めになるのよ~」 (弟) 「生まれ変わる?そんなことは信じない~」 (アグネス) 「でも、仏教では輪廻転生って言うじゃない?」 (弟) 「そうだけど、俺としてはあり得ないと思ってる~」 ここまで話して辞めました。これ以上話すと姉弟喧嘩になりますし、証拠のないことを強引に推し進めても仕方ありませんしね~。

弟と似たような意見を持っていた人を知っています。2年前の夏に急死された壮年の男性でしたが、はっきりと云ってましたよ。 「輪廻転生を信じている人と議論する気は一切ない。信じる人は信じていればいい。だが、俺は全く信じない。死んだら終わりだから!」 それから間もなくして、彼の訃報を聞いて・・・ 「あの世に行ってから気がついても遅いのよね~」 弟の発言を聞いて・・・ 「どんな因縁で姉弟に生まれてきたかは知らないけれど、こうやって人は分かれて行くのだろうなぁ~」 なお、今年は『戦後75年』の年です。 今、日本に生まれてきている人は、戦前戦中を生きていた人が転生してきたパターンが多いと聞いています。40代、50代の人たちかな? よって、心身に『戦争の傷』が刻まれているため、『戦争は金輪際嫌だ~!』という意識が強く、特に戦死者、被爆者などはその傾向が強いそうです。転生しても、そう簡単に『戦争の傷』は癒されないのでしょう。

~月の時代から太陽の時代へ~

ご覧になった方もおられるでしょうが、 マドモアゼル愛さんの『夏至以降、月の時代が終わっていく』 という動画です。 後半部分で、愛先生が「空海は知っていたね~」と発言しております。 要約しました。

レビュー

(6)

まだレビューがありません

ブログの制作・カスタマイズ

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード