有料記事

「良い子」は素直な良い子?「良い子」の心の中と待ち受けていたものとは?

1〜9人が購入

親に従順で何でも言う通りにする「良い子」とは、親にとって都合が良い子供であり、そんな親子関係は、子供の成長には良い影響を与えない。 子供の成長の為には、子供を親の所有物扱いしてはならないし、一人の人として尊重するべきである。 これは、子育てをした人なら誰でも一度は聞いたことがあるでしょうし、多くの親御さんが理解され、実践されていることでもあるでしょう。 では、具体的に、「良い子」の心の中がどの様になっているのか。何故「良い子」の親子関係が子供にとって良い影響を与えないのか、「良い子」はどの様になるかといったことについて本を読んだりされたことはありますか? 今回は、 加藤諦三早稲田大学名誉教授 『愛蔵版 不安のしずめ方 人生に疲れきる前に読む心理学』(2012年8月1日、株式会社PHP研究所) こちらの本を一部引用しながら、かつて実際に「良い子」だった私の経験談を書いていきます。 私は、こちらの本を初めて読んだ時、本の内容と私が心の中でずっと抱えているものが全く同じであることに大変驚きました。 「良い子」の私が心の中で何を思い、どの様に感じ、どの様になったか。 「良い子」を生み出した親子関係、家庭環境がその後の私の成長や将来にどの様な影響を与えていったのかといったことを生々しく書いてあります。 皆さんの人生の随所でこの記事が何かの一助となることを願って執筆します。

レビュー

まだレビューがありません

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード