有料記事

ゼータ·レチクル星人(グレイ):銀河系宇宙種族☆あなたの魂ルーツはどの星?

リラ星系の中で、ベガの次に文明の歴史が長いゼータ·レチクル星人の起源は、琴座のアペックスという星です。この星は、光と闇の統合を目指した初めての星ですが、両極対立が激化し、終いには核戦争を起こしてしまいます。惑星は彼らの住める環境ではなくなり、地下に避難して暮らすようになります。 ゼータ·レチクル星人は地底での生活を送るうちに、自分たちの進化のため「感情」を退化させ、あらゆる「欲」も退化しました。「感情」があるから統合ができなかったと考えたからです。自然な出産による誕生が出来なくなり、新たな命を生み出す方法としてクローン技術が開発されていきます。クローン技術によって生み出された彼らは、遺伝子の同じ個体です。その結果、彼らの身体には生殖器官や消化器官がなく、身体は小柄で頭が大きな、いわゆるグレイタイプのクローンの宇宙人が生まれてきました。 核戦争の爆発により琴座のアペックスは3次元から4次元へ次元移動を起こし、移動した新しい場所は、レチクル座のゼータ1とゼータ2の付近だっとそうです。そのためゼータ·レチクル星人と言うようになります。 現在、ゼータ·レチクル星人は、クローン技術によって生まれてくるため、進化が止まってしまい、遺伝的な欠陥による種族の危機にたたされているそうです。新たな遺伝子の参考として地球を訪れ、一部の地球人を誘拐し、遺伝子実験を行なっているとされます。彼らの祖先が感情を無くすという遺伝子操作をしたため、地球人の母性や感情は大変興味深く、存続と進化のために取り入れるべきだと考えています。 グレイたちは生殖によって増えるのではなくて、遺伝子操作によってクローンとして生産されるような増え方をします。そのためグレイの特徴としては、喜怒哀楽がほとんどありません。感情に流されずに物事を判断していくため、合理的で冷酷なようにも見えます。感情の量が少ないため、相手の辛さや悲しさを未開出来ていないからという面があります。 また遺伝子操作によって生まれてくるため、性欲や食欲、睡眠欲などの諸欲が少ないという特徴もあります。そのため一生を独身でいたりします。さとり世代と呼ばれる欲の少ない者たちの中には、こうしたグレイからの転生者の姿もいるでしょう。 また計画的に誕生しているところから、自分で自由に好きな事をするよりも、計画があってそれに基づいて動くのがあっているタイプです。自由に想像したり、気ままに過ごすことが苦手なところがあります。 人間に生まれ変わっているグレイにも、冷静に人体実験や科学実験に従事する者もいるようです。そして力のあるものへの服従心が強く、自分の意志よりも、上からの命令とか、指令に従う傾向があります。自分で何が正しいか何が間違いかなどの善悪の判断が弱く、周りに影響されるままに行動してしまうところがあります。 特徴が似ていたら、ゼータ·レチクル星人はあなたの魂のルーツかもしれません☆ こちらのマガジンは、ツインレイの「統合」の意味をより深く理解し、統合のプロセスをより早く促進させること。そしてライトワーカー向けの壮大な「真の統合」への気づきと、地球のアセンション(次元上昇)に貢献できる光の魂を、増やしていくことを目的としています。 🌑🌒🌓🌔🌝🌖🌗🌘🌑 複数記事を読む場合はマガジン購読が断然お得です☆

レビュー

まだレビューがありません

カウンセリング・お悩み相談

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード