有料記事

ひとつ一つが異なる「才能」

1

「才能」とは?と自分にとっての才能を探した事はないでしょうか? 誰かと比べてみて他の人にはない自分だけの「才能」が欲しい、 だからこそ何かを身につけなければ何かを学ばなければ何かを得なければと思った事はないでしょうか? 【才能】とはギフト、英語のgiftを訳すと【贈り物】という意味合いを強く連想するかもしれませんが、 実はもう一つの意味合いとして「才能」という意味もあるのです。 個人的に8000人以上の人生に関わり、 様々な悩みや自分本来の生き方に対して助言や指南をしてきた身として感じ思っているのは、 【才能とは自分の体験や経験そのもの】ということです。 人は誰しもが違った体験や経験をしています。もうその時点で「個性」です。 ですが人は「才能」と聞くと、 「何か秀でて持っているもの」と所有的な意味合いやニュアンスで捉えている人が多いと思います。 ですが【才能】とは他者と比べて違った特質です、 その観点からいけば自分が体験・経験している事はまさに「他者と比べて違った特質である」と言えます。 より深く言えば体験・経験は例え同じであったとしても、 それらを【どう捉えているのか?受け取っているのか?】という点でより違いが出ていきます。 例えば、体験・経験としては小学校で授業を受ける、という大きな視点で言えば誰しもが同じ体験・経験をしています。 ですが、その中で授業1つにしても自分にとって好きな授業も違えば、 同じ授業の中で得ている・捉えている事も全く異なるという事です。 そしてその【異なる部分】がまさに「才能」なのです。 私の話をするならば、私は幼い頃から人と話すのが苦手で常に周りを伺い生きていました。 (当時はそれが「当たり前」で気付いていませんが) もう実はこの時点で、1つの【才能】が出来上がっているのです。 「周りを伺う」というのは一見、自分にとってのマイナスポイント・欠点として捉えてしまうかもしれません。 ですが、本当にそうなのでしょうか? ですがそれらの「自分にとっての才能」とされる力でさえも、 自分自身で「マイナスポイント・駄目なところ」としている限りは、 それらも結局は【駄目なところ】として認識し受け入れて終わってしまうのです。 折角、自分にしかない体験・経験からの「才能」があるというのにです。

レビュー

まだレビューがありません

その他(ライフスタイル)

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード