有料記事

年間40万円~(生活費込)で海外の4年生大学に行った方法

1〜9人が購入

年間40万円で大学に行く方法

実際に私が30代を過ぎてから大学に行った内容です。 《私の経歴》 高校卒業後 1年生の専門学校に入学→卒業 アルバイトを転々とし30代を過ぎた頃から自分の学問への許容範囲の狭さに悩みステップアップをしようと決める。 30代過ぎてから大学に行こうとすると不安な事はいろいろあります。 年齢の差(20代の学生と仲良くできるか不安) 女性なら結婚(子供)か学業のどちらを優先にするか 費用の問題。私立大学では年間200万円以上かかる大学も多いです。30歳を過ぎて親に大学費用を出してもらうわけにはいかない) 大学の入試試験(勉強をしていない期間が長い) 卒業までの期間(4年間)はさすがに長い 通信制にすると仕事をしながら大学に通う事ができますが4年で卒業が難しいと聞きます。通信制と言っても完全オンラインの学科は少なく年に数回は大学に行きテストを受けたりしなければいけません。また通信だと専攻したい学科の幅が少ないという短所もあります。 最終的にいろいろ悩みましたが結果的に30代過ぎて大学に行ったことは良かったと思っています。悩んでいる 下手をすれば20代で大学に行くより良かったかもしれません。 20代の学生を見ているとバイトや恋愛、サークルに忙しく学業の重要さを感じられない学生が多い(全員ではないですが) 一度社会にでて仕事を経験した30代で大学に行くと本当に勉強の大事さや自分で学費を払う事で勉強しようと言う意思が生まれるなどよいことがあります。 しかし大学に行きたいと思ってもやはり一番は学費の高さがネックになるのではないでしょうか? 私は当時実家暮らしで月15万円程の給料しかありませんでした。 年間200万円の学費をどうやって払えばいいか? 払うだけの価値が大学にあるのか考えました。 学費が安い大学に行こうとすると今度は頭がよくなくてはいけません。 頭の良さに自信もない、お金もない私がどうやって海外(国立大学)に進学したかを記事にしました。

レビュー

まだレビューがありません

留学