有料記事

誰でもすぐに理想の「声」を習得できる㊙︎練習メソッド

近日、コロナウイルスの影響での緊急事態宣言による不要不急の外出自粛を余儀なくされ、ご自宅での過ごし方や、 ストレスを発散する方法に悩まれておられる方が多いのではないでしょうか? そんな中、今すぐにでも出来る、基本的な発声の方法や、声の出る仕組みや構造をなるべく分かり易く、かみ砕いて記述させて頂きました。 このコロナの規制が終わり、歌を歌いにカラオケに行かれた時や、これをきっかけに歌うことに興味を持っていただき、 一人でも多くの人に歌う楽しさや、以前よりも楽に、そして 「自由に歌えるようになった!!」 と実感して頂ければ幸いです。

発声の仕組み

まずは、そもそもどのようにして声が出ているのかをお話しします。        呼吸時 声帯と呼ばれるヒダがあり、開いた状態のときに主に呼吸をしています。 「いびきはどうなの?」と鋭い方なら疑問に感じられるかもしれませんが、 いびきのメカニズムをお話しすると話がそれてしまいますので、 簡潔にお伝えすると、舌の根元がのど元に下がり、 軌道を圧迫したところに空気が通り喉元が振動する音。とだけお話しておきます。        発声時 声を出そうとした際、息が通ると同時に声帯が閉じ、振動することで 「声」という音になります。 声を出すと 「声を出すとすぐに枯れてしまう」 「のどが痛くなる」 という方に、この仕組みを踏まえたうえで、お答えすると 「息の量」が関係してきます。息の量が少ない上で、声を出そうとすると 声帯の周りの筋肉が働き、故意的に声帯を振動させようとしてしまい 結果的に、声のカスレや喉の疲労感に繋がってきてしまいます。 では、どのように息の量を増やせは良いのか? 次のステップでは、呼吸法についてお話しします。

レビュー

まだレビューがありません

その他(動画・音楽・文章)

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード