有料記事

昭和 特級 古酒オールドボトル その他ブランデー 230銘柄一覧

1

1〜9人が購入

現在ヤフオクでも「なんだ、これ。見たことない。」っていうものが結構あると思います。 ググってもほぼ情報がない。。 そんなオールドボトルたちに光をあてるべく、この記事を立ち上げました。 わたしの経営するバーで入荷したことのあるものは写真付きで紹介してます。 SOBERANO / GONZALEZ BYASS (¥3,800 '82) LEPANTO / GONZALEZ BYASS (¥25,000 '84)  ソベラノとは「帝王」

上記のように名称と当時の簡単な情報、価格を書き並べました。 昭和の終わりであり、特級の終わりでもある1989年までに輸入されたカルヴァドス、シェリーブランデー、ギリシャブランデーなどその他ブランデーの総まとめ。 ()内には'89までの最高価格を記載。 絶対ではないですけど、実際当時高級だったものは味も高級です。 また、普及品として出回っていたものにも名品が多数。 オールドボトルラヴァーに捧げる攻略本。 ぜひご活用下さいませ。 【特級】 1953~1989年4月に流通していたすべての蒸留酒に表示させていたもの。 原酒混合率30%以上のものが特級表示であったが、海外産の蒸留酒は法律により、原酒混合率100%が義務であった為、すべてが特級表示だった。 酒税法改正前、日本におけるブランデー販売には2つの課税が課せられていた。 「従量税」:原酒の量によって税金を定める。 「従価税」:価格によって税金を定める。 言ってしまえば2重課税であり、当時のブランデー価格が高かった原因の一つだった。 従価税の事例は1980年代中ごろだと150%と220%。諸外国から日本市場開放のための圧力を受けながら度々調整され、1989年の酒税法改正で大きく変わる。 1989年と言えば「平成元年」。なので「特級ブランデー=昭和」と言っても過言ではない。 【年代】 1974~ 洋酒輸入自由化により、酒税証紙(JAPAN TAX)を貼らなくなる。 1980~ ブランデー特級表記がラベルに直接印字されるようになる。     従価税表記は高級価格帯のみになる。 1987~ バーコードが普及 1989~ 特級表示がなくなる。 ●●カルヴァドス(フランス NORMANDIEノルマンディー地方)について●●AOC原産地呼称1984 【製法】2018 Cidreシードルに15%以下のPoiréポワレ(梨ワイン)を混合して72度以下に蒸留。 単式蒸留器の場合は2回、連続式は1回。 オーク樽で最低2年間熟成。主にLimousinリムーザン、Tronçais(Allier)トロンセの古樽が使用されるが、特に規定はない。販売は40度以上 【AOC生産地域】2018 ◎Calvados du Pays d'Augeカルヴァドス・デュ・ペイ・ドージュ(アルカリ性土壌) 単式蒸留器で2回。コニャックに近い ◎Calvados Domfrontaisカルヴァドス・ドンフロンテ(25%が梨園)AOC1997 半連続式蒸留器で1回。アルマニャックに近い。ドンフロンテだけ3年以上熟成。Poiréポワレ(梨ワイン)が30%以上 ◎Calvadosカルヴァドス ※AOC以外のノルマンディー、ブルターニュ、メーヌなどのりんごブランデーはEaux-de-vie de Cidreオー・ド・ヴィー・ド・シードル。AOCは2つ。Eaux-de-vie de Cidre de Bretagneブルターニュ、Eaux-de-vie de Cidre du Maineメーヌ(連続式蒸留器を用い、中性アルコールとのブレンドが可能だったため、安価)1990。 Eaux-de-vie de Poiréポワレは洋梨が原料。AOCはない。 ※Appellation Réglementéesレグレメンテ → ペイ・ドージュ周辺10地域。単式、連続式の併用が可能。(このAR表記が1941~1990辺りまで。ACに昇格してAOCドンフロンテが生まれたのだと思います。) 【品種】2018 ◎Duretデュレ、St.Martinサンマルタン、St.Aubinサントーバン、Bendol rougeベンドール・ルージュなど48種類のリンゴ。 ※リンゴのタイプは4種類。 doucesドゥス(甘味)、douces-amèresドゥス・アメール(甘味・苦み) amèresアメール(苦み)、acidulesアシデュール(酸味) ◎Poire Griseポワールグリースなど数種類の梨。 【等級】2018 2年以上 VS、☆☆☆(Trois Étoiles)、🍎🍎🍎(Trois Pommes) 3年以上 Vieux、Réserve 4年以上 VO、VSOP、Vieille Réserve 6年以上 NAPOLEON、XO、EXTRA、Hors d'Age、Très Vieille Réserve、Très Vieux 不明 AGE INCONNU 【用語】 グレ → ストーンジャグ。陶器瓶 La Pomme Prisonnièreポム・プリゾニエール → まだ小さなリンゴに瓶を被せてそのまま成長させる。 1553年の古文書に蒸留の記録が残っており歴史は古いが、カルヴァドスの存在が全仏に知られるようになったのは第1次世界大戦後である。

●●FINEフィーヌとMARCマールについて●● フランスでコニャック、アルマニャック以外のブランデーをEaux-de-vie de Vinオード・ヴィー・ド・ヴァンと称し、品質の高いものはFINEフィーヌと呼ぶ。ブドウを選果した時に基準に満たないと判断されたブドウを使ったり、澱引きした後にタンクや樽に残ったワインを使って造られた蒸留酒。フィーヌでAOCはFine de Bourgogneのみ。連続式蒸留(2018)。語源はAffinéアフィネ(精錬されたもの)。 Eau-de-vie de MarcマールとはPomaceポマース(搾りかす)。「つぶす・砕く」を意味する単語marcherから派生。Pomace Brandyポマースブランデー(粕取りブランデー)。圧搾した後の果皮、種を発酵・蒸留したオード・ヴィーをマールと呼ぶ。搾りかすは密閉した容器の中で一定期間過ごす。蒸留の熱源は主に蒸気。木樽熟成。マールのAOCはMarc de Bourgogne、Marc d'Alsace Gewürztraminer、Marc du Juraの3つ。(2018) EGRAPPÉとは果実から果汁を分離すること ●●キルシュ(フランス)とキルシュヴァッサー(ドイツ)について●● フランスにおけるキルシュの名称はEau-de-Vie de Ceriseオードヴィー・ド・スリーズだが、キルシュの方が使われる。単式蒸留。Kirsch Commerceはスピリッツを添加したお徳用でキルシュ25%。Kirsch Fantaisieはキルシュ5%。キルシュのAOCはKirsch de Fougerollesキルシュ・ド・フジュロルのみ。(2018) Kirschwasserキルシュヴァッサー(キルシュワッサー):果物の宝庫とよばれるSchwarzwaldシュヴァルツヴァルト(黒い森)の名産品。サクランボを種ごと潰して発酵・蒸留する。Echt Schwarzwalderは100%シュヴァルツヴァルト産。発酵させずサクランボを漬けたエタノールを蒸留する場合はKirschgeistキルシュガイスト(ということはキルシュガイストはリキュール扱い?)。あと、キルシュヴァッサーにダークチェリーを漬け込んだ「リキュールのキルシュ」が存在する。Waldは野生。森 ◎Obstbrandオプストブラント、Obstwasserオプストヴァッサー(Obst果物のブランデー) 分類❶Kernobstbrandケルンオプストブラント(仁果類)  Obstwasserオプストヴァッサー(2種類以上混合する場合に使う):リンゴと洋梨(カルヴァドスに近い)。など 分類❷Steinobstbrandシュタインオブストブラント(核果類)  Kirschwasserキルシュヴァッサーなど 分類❸Beerenobstbrandベーレンオプストブラント(ベリー、ぶどう)  Schlehenbrandシュレーンブラント(スピノサスモモ)など ◎Obstgeistオプストガイスト(Obst果物を発酵させず漬けた後蒸留) Kirschgeistキルシュガイスト Himbeergeistヒンベアガイスト:ドイツ・スイス。木イチゴ。 Aprikosengeistアプリコーゼンガイスト:あんず。 Brombeergeistブロムベアガイスト:黒いちご、など ●●その他のフルーツブランデーについて●● ◎フランスではEaux-de-Vie de Fruitsオード・ヴィー・ド・フリュイ(フルーツ)。SAUVAGEは野生。AOCはMirabelle de Lorraineミラベル・ド・ロレーヌのみ。(2018) 単式蒸留器Alambic à Repasseアランビック・ア・ルパスまたは他の蒸留器。 ◎各国フルーツ名称 (仏、日、独、英) Pruneプリュヌ(スモモ) Pflümli Plumプラム Mirabelleミラベル(黄色いスモモ) Mirabelle YellowPlum Questscheクッチェ(紫のスモモ) Zwetsche VioletPlum Myrtilleミルティーユ(コケモモ) Heidelbeere Blueberry Framboiseフランボワーズ(木いちご) Himbeere Raspberry Mûre Sauvage(黒いちご) Brombeere Blackberry Cassisカシス(黒スグリ) SchwarzeJohannisbeere BlackCurrant Abricotアブリコ(杏) Aplikose Apricot Ceriseスリーズ(さくらんぼ) Kirsch Cherry Poire Williams(ポワール・ウィリアム(ウィリアム種の洋梨))WilliamBirne WilliamsPear Pamplemousseパンプルムース(グレープフルーツ) GrapeFruit Grapefruit Citronシトロン(レモン) Zitrone Lemon ◎ракияRAKIAラキア(RAKIJAラキヤ):バルカン半島におけるフルーツブランデー全般を指す言葉。主にブルガリア сливовица(Slivovitzスリヴォヴィッツ):スモモ。樽熟成など着色もある

гроздова(grozdovaグロズドヴァ):ぶどう кайсиева(kaĭsievaカイシエヴァ):杏 ябълкова(yabŭlkovaヤブルコヴァ):リンゴ крушова(krushovaクルショヴァ):梨 черешова(chereshovaチェレショヴァ):サクランボ смокинова(smokinovaスモキノヴァ):イチジク дюлева(dyulevaドュレヴァ):マルメロ черничева(chernichevaチェルニチェヴァ):クワ など ◎Pǎlincǎパリンカ:ドラキュラの故郷ルーマニアの地理的表示であるフルーツブランデー。使用できるフルーツの種類は指定されており、14種類。生産地域はTransilvaniaトランシルヴァニア、Banatバナット、CrisanaクリシャーナとMaramuresマラムレシュのみ プラム、ミラベル、りんご、ラズベリー、ブラックベリー、アプリコット、桃、洋梨、フサスグリ、ブラックカラント、スコア、長老、マルメロとジュニパーベリー 発酵は木の樽またはステンレスタンク 蒸溜は銅のボイラー又は国が認めた蒸溜設備 木樽熟成、瓶内熟成又はステンレスタンク熟成のみ認められている 甘味料、香料、着色料などの使用が禁止。100%果実

◎BOUKHAブッハ:チュニジア。いちじくのブランデー。

●●ドイツブランデー ジャーマンブランデーについて●● Branndtweinブラントヴァイン。85%以上が国内で蒸留されたものはWeinbrandヴェインブラントを名乗れる。6ヶ月以上の熟成が必要。1年以上熟成はUraltウアアルトを名乗れる。(1984) ◎Tresterbrandトレスターブランド:粕取りブランデー ●●シェリーブランデー(SPAINスペイン ANDALUCÍAアンダルシア州)について●●原産地呼称1987 【製法】 単式蒸留か連続式蒸留で樽はシェリー(特にオロロソ)の熟成に使用したアメリカンオーク。36度~40度。ARQUITARAアルキターラとは単式蒸留器であり、それで造られた酒も指し、高級。連続蒸留65度ぐらいのものをオランダス、連続蒸留95度以上をディスティリャドス。 11世紀:ブランデーの製造技術が発達。 19世紀:シェリー酒の強化用に用いていたブランデーのみの需要が急増。 単式のみだった蒸留が連続式も用いられるようになる。 20世紀:ブランデーは別個に造られるようになる。 現在はシェリーからシェリーブランデーを作ることもある。 【生産地域】 葡萄の生産・発酵・蒸留はCASTILLA-LA MANCHAカスティーリャ=ラ・マンチャ州にて 熟成はANDALUCÍAアンダルシア州CÁDIZカディス県JEREZヘレス 【品種】 AIRÉNアイレンなど 【等級】ソレラシステムなので何年熟成とかではないが、目安 6ヶ月 SOLERA 1年 SOLERA RESERVA 3年 SOLERA GRAN RESERVA ◎スペインの粕取りブランデーはOrujoオルホ フランスのマール・イタリアのグラッパの起源と云われ、搾りかす(皮・種・茎)を原料とする。 黄色いオルホはorujo envejecido(年を経たオルホ)と呼ばれる。 なお、スペインでは蒸留酒のことをアグア・デル・ディエンテ(Aguardienteアグアルディエンテ)と呼ぶが、これはその植民地となった中南米(コロンビア・キューバ)にも別の形で存在する(サトウキビ原料のスピリッツ)。

●●イタリアブランデー グラッパについて●● 通常のイタリアブランデーは樽熟成3年以上。 グラッパはフランスのマールと同じくぶどうの搾りかすから造られる粕取りブランデー。マールとの違いはあまり樽熟成しないこと。15世紀、ヨーロッパ最古の医科大学であるイタリアのサレルノ大学の研究者が薬として開発。EUの規定により、産地はイタリアと南スイスTicinoティチーノ州。搾り粕だけをそのまま蒸留させて造ったお酒のみグラッパと表記できる。度数は最低37.5。VINACCIAヴィナッチャが「搾りかす」なのでAquavite di vinacciaアクアヴィテ・ディ・ヴィナッチャが本来の名前だが、グラッパで通している。加水や加糖を行い、再発酵させた物はaquavite vinicaアクアヴィテ・ヴィニカ。また、搾り粕だけでなくワインもすべて一緒に蒸留して造った酒はaquavite di uvaアクアヴィテ・ディ・ウヴァ。 ANAG (Associazione Nationale Assaggiatori Grappa e Acquetivi, イタリア・グラッパ及び蒸留酒の試飲協会)による等級 ◎GRAPPA BIANCAビアンカ(GIOVANEジョヴァーネ) ステンレスタンクで2~3ヶ月。 ◎GRAPPA AFFINATA IN LEGNO 木樽で短い時間熟成。 ◎GRAPPA INVECCHIATAインヴェッキアータ 1年以上の熟成。うち半年は木樽。RISERVA、STRAVECCHIAは18か月以上。 ※上記3つにおいて風味のあるぶどう(モスカート、ミュラー・トゥールガウ、トラムネール、ソーヴィニヨンなど)を使用する場合は語尾にAROMATICアロマティックと表示 ◎GRAPPA AROMATTIZATOアロマッティザート フルーツやハーブで香りや色を加えたもの 特定産地表記 度数40度以上。 Grappa di Barolo ピエモンテ州のバローロ村とその周辺のいくつかの村 Grappa del Piemonte ピエモンテ州 Grappa della Lombardia ロンバルディア州 Grappa del Trentino トレンティーノ Grappa dell’Alto Adige アルト・アディジェ地方 Grappa del Veneto ヴェネト州 Grappa del Friuli フリウリ 湯線式蒸留器BAGNO-MARIAバニョ・マリア 蒸気式蒸留器 ●●ギリシャブランデーについて●● 【製法】 単式蒸留のブランデーを樫樽に詰め、3年から30年かけて熟成。連続式蒸留のブランデーとマスカット・ワインやバラの花びら、いくつものハーブを配合したものと混ぜ(配合のレシピは数人しか知らない)、また樽に戻し1年後熟。最後に数日間かけて零下に冷やすCHILL FILTER。 【品種】 SAVATIANOサヴァティアーノ ◎Τσίπουροツィプロ:粕取りブランデー。アニスを加えたものがウゾ(リキュール) ●●ペルーブランデー ピスコについて●● Aguardiente de Perú con el aroma de uva スペイン人がインカ帝国の財宝を強奪しながらもキリスト教を布教し、ぶどうを栽培する。このワインがスペインのワイン産業を圧迫するということで1614年輸入禁止となり、在庫余剰のため蒸留に至る。素焼きの壺を作っていた民族がピスコと呼ばれていたがスペイン人の到来以降Tinajaティナハと呼ばれるAnforaアンフォラ型の壺(ピスコ)に蒸留酒を保存していた為、その蒸留酒もピスコと呼んだ。 産地はLimaリマ県、Arequipaアレキパ県、Icaイカ県、Tacnaタクナ県、Moqueguaモケグア県ら5地域のみ。香りを残すため樽で熟成させない。 単式蒸留器ファルカとアランビケ ブドウ品種は8つ ◎アロマティック品種:Italiaイタリア(Moscatel de Alejandríaモスカテル・デ・アレハンドリア)、Moscatelモスカテル、Torontelトロンテル、Albillaアルビージャ(Palomino Finoパロミノ・フィノ) ◎ノンアロマティック品種:Quebrantaケブランタ、Mollarモジャル・ネグラ、Negra Criollaネグラ・クリオーリャ(MissionミッションPaisパイス)、Uvinaウビナ(ジャケス) Aromaticoアロマティコ:単一のアロマティック品種から製造 Puroプーロ(ピュア):単一のノンアロマティック品種から製造 Acholadoアチョラード:単一品種でつくった複数のピスコをブレンド Mosto verdeモスト・ベルデ:ベルデは「緑。熟していない」という意味で、不完全発酵のブドウ果汁を使う ●●中国のブランデーについて●● 白蘭地Bi lan diパイランテイ。比較的酸味の多い中国のぶどうはブランデーに適しており、仕上げには中国独自の香料、薬料なども用いる。 桜桃白蘭地:さくらんぼ 苹果白蘭地:りんご ●●補足 日本における非常に紛らわしい表記●● 3種類のチェリーブランデー ❶チェリーで作ったブランデー キルシュ、キルシュヴァッサー、オードヴィー・ド・スリーズなど。梅のワインを造って蒸留させた梅のブランデーだとここに属する。  (フルーツブランデー、つまりブランデーに属するが樽熟成しない無色透明のものが多い) ❷チェリーをグレープブランデーに漬け込んだもの。まだブランデーは関与する。ブランデー梅酒と言えば分かりやすいかと。  (リキュールに属する) ❸チェリーをスピリッツに漬け込んだもの。もはやブランデーは一切関係なし。それでもチェリーブランデーと呼ぶ。普通の梅酒的なもの。最近はチェリーリキュールと呼ばれるようになってきた。  (リキュールに属する。チェリー・ヒーリングね。) 同様に3種類のアプリコットブランデー ❶アプリコットで作ったブランデー ルーマニアのパーリンカなど  (フルーツブランデー、つまりブランデーに属する) ❷アプリコットをグレープブランデーに漬け込んだもの  (リキュールに属する) ❸アプリコットをスピリッツに漬け込んだもの。やはりブランデーは一切関係なし。なぜ君はアプリコットブランデーと呼ぶ?  (リキュールに属する)

レビュー

まだレビューがありません

その他(お出かけ・グルメ)

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード