有料記事

22を超えてゆけ~謎の数式(1)

2

30人以上が購入

≪目次≫ ~プロローグ・ヨハネの黙示録~ ~地球人類が22を超えられない要因~ ~22を超えてゆけ・謎の数式(1)~ ~黄金比「1:1.618・・・」~ ~22を超えてゆけ・謎の数式(2)~ ~トランプの「7並べ」には宇宙の真実が隠されている~ ~22を超えてゆけ・謎の数式(3)~ ~宇宙は全て光の糸でつながっている~ ~エピローグ・空海とイエスの数靈~

~プロローグ・ヨハネの黙示録~

本題に入る前に、『ヨハネの黙示録』のおさらいです。 ◆子羊が七つの封印を開封する ◎ 第一の封印:白い馬。勝利の上に更に勝利を得ようとして出て行く ◎ 第二の封印:火のように赤い馬。戦争をもたらす ◎ 第三の封印:黒い馬。飢饉をもたらす ◎ 第四の封印:青ざめた馬。死をもたらす ◎ 第五の封印:殉教者が血の復讐を求める ◎ 第六の封印:地震と天災    1.神の刻印を押されたイスラエルの子ら    2.大患難を通り、子羊の血で洗った白い衣を着た大群衆 ◎ 第七の封印:しばらく沈黙があり、祈りがささげられる ※青ざめた馬が疫病をもたらす役目とも言われています。

◆七人の天使がラッパ(士気を上げる音)を吹く ◎ 第一のラッパ:地上の3分の1、木々の3分の1、すべての青草が焼ける ◎ 第二のラッパ:海の3分の1が血になり、海の生物の3分の1が死ぬ ◎ 第三のラッパ:にがよもぎという星が落ちて、川の3分の1が苦くなり、人が死ぬ ◎ 第四のラッパ:太陽、月、星の3分の1が暗くなる ◎ 第五のラッパ:いなごが額に神の刻印がない人を5ヶ月苦しめる ◎ 第六のラッパ:四人の天使が人間の3分の1を殺した。生き残った人間は相変わらず悪霊、金、銀、銅、石の偶像を拝んだ。   1.天使に渡された小さな巻物を食べた。腹には苦いが、口には甘い   2.二人の証人が殺されるが生き返る ◎ 第七のラッパ:この世の国はわれらの主、メシアのものとなった。天の神殿が開かれ、契約の箱が見える。 ※第六のラッパをご覧ください。 「生き残った人間は相変わらず悪霊、金、銀、銅、石の偶像を拝んだ」とありますが、「金・銀・銅」といえばオリンピックのメダルですね。東京オリンピック2020は『生贄オリンピック』だと思いますよ。 (過去記事)映画【第七の封印】 https://ameblo.jp/agnes99/entry-12126615035.html

~地球人類が22を超えられない要因~

「22」とは、地球人類に定められた限界領域のことです。『22を超えてゆけ』では、いくつかの謎の数式と図形が出てまいります。 22を超えるということは、時空を超越した多次元の旅に出かけることでもあり、3次元世界での輪廻転生を終えることでもあります。そのためには、図形と角度(空間ずらし)を理解する必要があります。 わたしたちは、時間が過去➡現在➡未来へと一方通行に流れていると思っていますが、未来➡現在➡過去へと流れている方向性もあることが分かってきました。両方向あるってことです。 時間と空間は、扉の表と裏の関係のようなもので、外側から見るか、内側から見るかの違いだけだと思ってください。

~22を超えてゆけ・謎の数式(1)~

◆Z=1/137・・(Φの2乗/360=1/137は後記) 【Z=1/137】は、空間ずらしの方法を表す極秘コードです。 1/137を計算すると・・・0.00729927となりました。 気がついたのは、『729:927』の鏡合わせです。 「72」と「27」にヒントがあるように思いました。 ◎72の2乗・・・5,184 ◎27の2乗・・・729 「72」は人間の平均心拍数/分にあたります。 あらっ?「27」の2乗が729?! 次に、数字「27」を調べてみましたところ、「27×3」は光、日本の国番号、イスラエルのバーコードが「27の2乗=729」、新約聖書27番目は「ヨハネの黙示録」だということが判りました。 (参考)27(Wikipedia) https://ja.wikipedia.org/wiki/27 (過去記事) 「6と7の架け橋」鏡の中のもう一人の自分(6) https://ameblo.jp/agnes99/entry-12374875425.html

~黄金比「1:1.618・・・」~

レビュー

(4)

まだレビューがありません

ブログの制作・カスタマイズ

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード