有料記事

ダイエットからの卒業♪無理なくスリムでいられる人になるメンタルダイエット食事編

こんにちは! メンタルダイエットカウンセラーじゅじゅです♪ みなさま【メンタルダイエット(基礎編)】はもう読んで頂けましたか? 文章の難しいところは、全部がこちらの意図の通りになかなか伝わり辛いところでしょうか。 一度 読んで理解したつもりでも2回目に読んだらまた別の気付きがあったりもします。 思い込みや自分の常識を持ったままで読むと、全く違う意味に解釈してしまうこともあります。 基礎編はどうか何度も何度も繰り返し読むようにしてくださいね♪ そして、まだ【メンタルダイエット(基礎編)】を読んでいないという方はぜひそちらを合わせて読んで頂きたいと思います。 【メンタルダイエット(基礎編)】はこちらからご購入頂けます↓↓ https://requ.ameba.jp/products/3701 一時は痩せられてもリバウンドを繰り返してしまっている人、真面目で一生懸命であるがゆえにストイックになり過ぎてしまって続けられない人、食べるのが好きだけど痩せたい人、運動習慣が無い、もしくは運動が苦手だという人にはきっと得られるものが多い内容になっているはずです。 <じゅじゅ・プロフィール> 【経歴】 ・美容師免許、エステ各種ディプロマ所有、ファスティングカウンセラー資格取得 ・美容師歴4年半 ・エステティシャン歴14年 ・ブライダルプランナー歴2年 ・ブライダル美容歴5年半 ・2017年 ミス・アース・ジャパン公式ビューティートレーナー ・大日商事株式会社 コミュニケーションアップ講師 ・社会保険労務士 受験生対象 やり抜くメンタル強化講師 ・美容師専門メンタルサポート&ブランディングアドバイザー 美容歴はトータルで20年になります。 その間に延べ2500人ほどの方の美と健康とメンタルのサポートをしてきました♪ さて今回は(食事編) 人間は食事をしないと生きていけません。 じゅじゅも食べることが大好き♥ ガッツリ系や甘いもの系だって大好きです。 ダイエット中には敬遠されがちなピザや揚げ物、ケーキやチョコレートなんかも大好物です(笑) それらを我慢して一時 痩せられても、そんな我慢生活を一生続けるなんてじゅじゅには無理です! やっぱり大好きなものは自分の好きなタイミングで食べたいですよね。 その上で自分が美しく見える体型を維持したい! 無理難題のわがままのように聞こえるかもしれないですけど実はこれが可能なんです♪ 実際にじゅじゅはMAX体重60㎏になったところから、大好きなピザやお菓子を食べながら痩せました。 今 現在も身長160㎝で体重は46~49㎏をずっと保っています。

昨日だって大好きなピザを食べましたし、今日はシュークリームを食べました(笑) それでも体重は増えることなく過ごしています♪ 好きなものを好きな時に食べることと美しい体型を保つことは両立できるんです!! その為には『食べること』に振り回されるのではなく『食べること』を制しましょう! 一般的なダイエットに於いても『食事が9割』といわれるくらい大切なところです。 基礎編でも食事については少し触れましたが、今回は食事の部分をより具体的にたっぷりとお伝えしていきたいと思います。 「ストイックな生活をずっと続けられる!運動も食事もキッチリ管理できる!!」 という方にはこのメンタルダイエットは必要ありませんので購入しなくても大丈夫ですよ(笑) <目次> ・(無料)当たり前になっている常識を疑う ・(無料)食べ過ぎがおデブの原因 ・『お腹いっぱい理論』とは ・身体をブラック企業ばりに働かせていませんか? ・ウソの○○感にだまされるな ・食べたいものを食べる ・あなたの「ずっと○○だったもの」は「今も○○なもの」? ・○○を磨くための3つのレッスン ・「アレが食べたい」のズレ ・○○感のズレ ・本当に体調が悪いときには「○○○○」という選択を ・「○。○○ない」の解釈 ・「安物買いの銭失い」な食べ方になっていないか ・○○○はなるべく摂らない…けどやり過ぎなくても良い(笑) ・おわりに&まとめ

●当たり前になっている常識を疑う

諸説ありますけど、知性のある人間が地球上に誕生したのが3万年前くらいと言われています。 もちろんその頃は野生生活なわけですから、獲物をとって食べたり、植物を食べたりしていたのでしょう。 ちゃんと食べられる日もあれば、全然食べられない日もあります。 そんな中を生き抜くために、私たちの身体は余分に食べられたときには体脂肪としてエネルギー源を蓄えられるようになりました。 野生の動物と同じですよね。 農耕をするようになって、ある程度 安定して食べられるようになった人類ですが 江戸時代くらいまでは1日2食だったそうです。 それほど長い間ずーっと食べられたり食べられなかったり、一日2食しか食べてこなかった人間が いきなりこんなたかだか400年くらいの間に1日3食 食べるようになった分を上手にエネルギーとして活用できる体質に変われるわけないんです。 そらそうです。 もっと何千年の年月を今と同じような食生活のまま続けていけば、 人も進化していってたくさんの体脂肪を動かなくてもエネルギーとして発散できるような体質になり、 たくさん食べていても健康を保てるようになるのかもしれませんが、今の私達が急にそんな特殊な体質になれるわけではないので現実的ではありませんよね。 (フードファイターの方たちのような食べても食べても体脂肪として溜まりにくい体質の方はある意味、現代に合わせて突然変異的に進化して生まれた人たちなのかもしれないなぁとじゅじゅは考えています(笑)) ましてや現代は江戸時代以前より便利になって、歩かない。運動しない。 動かなくてもなんでも出来ちゃう。 そんな時代に3食って… 絶対 食べ過ぎやん!!! ですよね(笑) 「1日3食 食べないと健康に良くない」 「朝ご飯を食べないと力が出ない」 とか色々言われますけど、当たり前になってしまっている常識を疑う事ってめっちゃ大切なんです。 そもそも『1日3食』計画がすすめられた背景には海外からの輸入品が増えたことが影響しているといわれています。 輸入品を国民にたくさん買ってもらう為に、いろいろな情報操作をして 『朝ご飯を食べた方が良い』のようないかにも健康に良さそうなデータを作って たくさん食べ物を食べてもらえるように発信していったとの噂です(笑) 大人の事情ですね。。。(笑) 実際じゅじゅも『健康(っぽく聞こえる)情報』に振り回され始めたお年頃(高校生くらい)から太り始めました(笑) 「当たり前になっている常識を疑う」 これをぜひ意識してみてくださいね。

●食べ過ぎがおデブの原因

人間には絶対に摂らないと生きていけない栄養素というものがあります。 タンパク質やビタミン、ミネラル、炭水化物、必須アミノ酸などなど 栄養学的には一日に必要とされる摂取量が目安として提示されています。 でもひとりひとり体格も運動量も体質も違うのでその数字はあくまでも目安でしかありません。 人という生き物は本当に良くできています。 自分で意識しなくても必要な栄養を求めて「食べたくなる」という本能があります。 ですが人は「理論的・合理的に考えること」を他の動物に比べてたくさんしてきた分 本能的な感覚が鈍ってきてしまっているのも事実。 メンタルダイエットでは食事に関して、その本能的な部分の感覚を磨いて頂くことが大切なんです。 本当に当たり前のことですが「食べ過ぎる」から「太る」のです。 それはあなたも知っていますよね。 そしてこれも当たり前ですが 栄養的に満たされたところで「お腹がいっぱいになった」と気付けて またお腹がいっぱいになった後に「もう少し食べたい」という思いに振り回されなければ食べ過ぎずに済みますよね。 ですがそのコントロールが上手に出来ないから、満腹以上に食べ過ぎてしまって太ってしまうわけです。 その食欲と満腹感を上手にコントロールするために知っておいて欲しいじゅじゅの理論があるのです。 それが『お腹いっぱい理論』です。 『お腹いっぱい理論』については次の章で詳しくご説明しますね。 ここから先では、さらに詳しい『メンタルダイエット(食事編)』についてお伝えしていきます。 食欲に振り回されるのではなく、自分をコントロールできて、さらにはダイエットを考えなくても良くなる食習慣を手に入れたい方は是非読んでみてくださいね。

レビュー

まだレビューがありません

ダイエット・ボディメイク

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード