有料記事

気分を大切にする女は『幼稚な子供』〜それだけでは男性は魅力を感じない〜

7

30人以上が購入

恋愛がうまくいきたいなら!男性と『接点』をもてることが大切

恋愛コーチ Kaori Taoです 私は大手結婚相談所のアドバイザーの経験 をし、現在の恋愛コーチとして 約10年間の中で『恋愛における男女のスレ違い』をみながら  スレ違う2人に『接点』をつくり 成就に導いてきました そして  現在は 占星術を使いながら 男性と女性には 何が起こっているのか 惑星意識と恋愛の繋がりを ブログを通して お伝えしています この10年間の中で  ⚫︎恋愛がうまくいかない ⚫︎結婚まで着地しない ⚫︎いつも男性に最後は振られる ⚫︎男性の本命になれない 多くの女性の相談を聞き 望みを叶える お手伝いをしてきました その お手伝いの内容というのは 簡単にいってしまうと 『旧い恋愛観』から『新しい恋愛観』へのパラダイムシフト!!刷新です それは西暦 2000年ごろ まで続いていた 魚座の時代までの価値観から 水瓶座の時代への価値観のシフトです 私の過去 10年間の統計によると 『恋愛観が旧い』女性ほど 『継続的な関係が育めない』 というのがわかります そして  この『旧いパラダイムの恋愛観』 にこだわり、握りしめてる女性は ●女性からのウケはよくても ●男性からのウケは良くない のです REQUEで詳しく 話しますが 旧い恋愛観にこだわる女性たちは主に 『共感』すること 『同調』すること 『気分』に   価値をおきます。 ですが この状態は  男性から見ると 実は 子供っぽい 幼さの残る印象を 無意識に与えています それは  どういう事かというと 幼い意識の女性とは 子供っぽいので 恋愛すれば『重たい女』になるだろう… と予想がつくのです ですが!! ココからがポイントなのですが 『重たい女性』になっていることに 女性は 全然 気づいてない!! または  気づこうとしない!! むしろ驚くことに 女性達は 『その方が男性にとって 可愛いはず♡ウケがいいはず』 と信じきってる 女性が多いのが 事実です このままの旧い恋愛感で 幼ない恋愛観のままでいると 男性と出会いはあっても きっと 永続的な『接点』を もつことが出来ません    『接点』がもててないことを  認識できずに 恋愛をすすめようとすれば 男性のことは 無視した形で 『独りよがり』の恋愛を 女性が展開していく…ともいえます 今回のREQUEでは 恋愛でのスレ違いに気づき 『接点』を見つけるために執筆しました

 男性との『接点』をもつための全惑星意識

今回は 占星術にも触れながら お話しますね^ ^ 占星術を使って  『愛』や『男女の違い』を詳細に 説明をするのは  今回のREQUEが初めてです ワクワクしてます♡ 占星術がわからない人のために 軽くお伝えさせていただきますね^ ^ 占星術とは あなたの出生時間をキッカケに   地球での 『最大限の可能性』を ネータルチャート(出生図) おこしていくことで知ることができます 地球で あなたが誕生した時 どの方向に  どの天体があったのか? それらを見ることで あなたの地球での可能性がみえます 今回のREQUEでは 1人 1人の出生図をみていくことはできませんが  前提として、 『私たちは宇宙と呼応しあっている』 という視点で 今回のREQUEを書いてます (そう思えない人は 読むのをやめた方が良いかもです♡) 占星術とは もっとも旧い 『統計学』 として受け継がれていますが 魚座の時代から 水瓶座の時代に入り 『統計学』の読み方も パラダイムシフトが起こってます。 それは  西暦2000年までの 魚座の時代までは 天体にも 『良い 悪い』『吉 凶』があるという 解釈になってしまってましたが それは『旧いし 違います!!』 その読み方では 本来 星が伝えようとしている 本質的なメッセージを受け取るには 未熟な解釈で止まってしまっているのです それにつけ加えて  魚座の時代までは 女性は『10天体』全部を 使うことが そもそも  難しい時代でもありました。 私の個人的な感覚だと 昭和ぐらいまでは  ネータルチャート(出生図) に10天体があったとしても 実際のところ 『3、4天体』ぐらいまでしか 女性は 『惑星の可能性』を 使うことが出来なかったのでは? と感じます ですが  2000年に入り 水瓶座の時代に入った 今 パラダイムシフトがおこり 『分離』の魚座までの時代から 『統合』の水瓶座の時代に入り 全体的にいえることは 『自分らしさ』という 『個性』の確立です   それは 占星術でいうと 『10天体』の可能性を 自分自身で全ての天体をスイッチ オンすることが可能となったのです 個性とは  『自分らしく生きる』こと であり 『自主独立』です 男女共に  『自分らしさ』を追究できる チャンスが到来しているのです これは  『水瓶座の時代の最も素晴らしい 豊かさ』の一つです   こういった 宇宙の大きなパラダイムシフトの中で  『恋愛やパートナーシップの在り方』 『幸せや 豊かさ』 の価値観も変わってきます 例えば これまでの 男女のパートナーシップは ⚫︎補いあう関係 (魚座の時代まで) だったのが ⚫︎協力し合う関係(水瓶座の時代から) へのシフトです 先ほど 『恋愛観が旧い』と重たいと言ったのは 『この補いあう関係』のことをさしています 約2000年近く続いた  『不足を補いあう恋愛』 『男女の役割は別』 という 価値観は 確実に更に 刷新されていきます 世界各国が 『ジェンダーレス』を 認める動きが広がっていますが これも 水瓶座の時代らしい『自分らしさ』 『個人を尊重する』 『男女という垣根をなくす』 新たなパートナーシップの形です このように 世界は大きな流れの中で 恋愛観もシフトしていますが  まだまだ 個人レベルの恋愛では ⚫︎男女の垣根をこえるより ⚫︎男女の役割をこえるより 女性として特別 扱いして欲しい!! 女性なんだから 守って欲しい!! というような想いが 潜在的にあるのではないでしょうか? 例えば  恋愛において 『旧い価値観の代表』フレーズに ★女性はお花だから 綺麗に咲いていたら男性がとまってくれる ★選ぶより選ばれる 女性が良い ★男性はハンターだから 追いかけさせないとダメ ★女性は可愛いく 綺麗にしていたらいい このような 『女性性だけを使って』 パートナーシップをつくろうとする 男女をわけて考えた 『女子力アップ』 『女性性あげる』 『女らしく』 ということに 恋愛業界、結婚業界も まだ フォーカスがいきがちです。 ですが これからは 女性であるのは当然なので 『女性らしさ』よりも 『自分らしさ』が大切なのです 今 新しいパラダイムで生きている 男性たちは 『女性の武器』『女子力』 だけを使って来られると 『面倒くさい』 『結婚は制限』 『女性は怖い』 『重たい』 『うっとおしい』 という風に 感じられる事が多くあります このような 『女性性だけ』を頼りにしていても 新しいパラダイムでは 男性となかなか『接点』が もちにくくなるでしょう。 もちろん  あなたの好きな男性が 旧いタイプの男性でしたら 女子力や女性性だけでも 『接点』ができます

気分と楽しいで生きる 女性に『男性はついていけない』

現在の恋愛業界やスピリチュアル界を をみていても ほとんどが女性にとって都合の良い ⚫︎気分を大切にしましょう ⚫︎自分を満たしましょう ⚫︎自分を愛しましょう というような事が多いですが これらが『自分らしさ』とも 勘違いをしています。 これは 恋愛コーチとしての経験からも 占星術からの視点でみても 『気分満たしだけ』では 恋愛は うまくいきません なぜなら これらは 全て 自己満足の 個人的な世界感なので 相手のことはみえていない つまり 2人の世界で考えたとき 相手と『接点』がもてない視点なのです ホロスコープでいうと 月(気分)と 金星(楽しい)という  天体がありますが これらは どちらも ⚫︎受動的な天体(女性的) ⚫︎個人的な天体 です。 月や金星の意識は 女性には 心地よい世界ではありますが 男性から見ると 『可愛いらしいね』 『楽しそうだね』 という印象は感じますが 『女性性だより』になってしまうと 男性は 『接点』がもてず たまに会うのは楽しいけど 毎日 会うのはちょっとキツイ(^◇^;) という風に実は なりやすいもの 今回 REQUEでは ★気分で生きてる女性は男性を苦しめる (月どまりの意識) ★楽しい女性より 落ち着く女性と一緒にいたい男たち (金星止まりの意識) ★可愛いい女性を 男性は好きなのか⁈   ★可愛い女性が 男性ウケしやすい 理由の真実と 落とし穴 ★褒められたい女性が陥りやすい 恋愛パターン ★月(気分)と金星(楽しい) 頼りの女性は  恋愛も男性のことを美化しがち ★甘えられるより、頼られたい男性 ★嫉妬をするとき あなたの惑星が活性されている ★「甘えている」つもりが「おばちゃん化」している ★自分らしさのない女性は  寄生するクレクレ女になりやすい ★男性は情熱的な 『自分らしさをつ女性』が好き ↓こちらのREQUEは夢みがちの 恋愛テクニックは まったく書いておりません。 男女の違いを  受け入れる準備ができてる女性のみ読んでください♡

レビュー

(1)

まだレビューがありません

婚活

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード