有料記事

「強い味方!就活バイブル」

1

1〜9人が購入

このBlogを最後まで読むと次のことが 理解でき、内定まで強い味方として 役に立つと思います。 ――――――――――――――――――――― ・企業の見つけ方 ・魅力的な自己PRの仕方 ・企業/業界研究の仕方 ・OBOG訪問でするべき2つのこと ・絶対してはいけないこと ・超簡単!「学生時代頑張ったこと」の書き方 ・おススメの著書 ・おススメしたい企業 ――――――――――――――――――――― あまり面識のない人へOBOG訪問するのに 往復の交通費とカフェ代を払うなら この記事を買って読む方が 価値あるものになればと思い書きました。 上記を解説する前に・・・ 「就職四季報2016」によると 日本で最も倍率が高い明治の事務系総合職は、 倍率はまさかの2,750倍です!! 11,000人の選考応募者に対して 内定はたったの4名でした。 今、売り手市場だと言われていますが リクルートワークスが発表した 「大卒求人倍率2018」によると ■300人未満:6,45倍 ■300人~999人:1,45倍 ■1000人~4999人:1,02倍 ■5000人以上:0,39倍 という結果になっています。 データからもわかるように、 超売り手市場というのは中小企業のみの話。 また人手不足である企業はたくさんありますが そんなに大量採用する時代でもないし、 むしろ大手企業はどんどん社員を リストラさせていっています。 企業の本音は 「人が足りない」ではなく、 「〝使える人〟が足りない」なのです。 だから伝えておきたいのは 【独学で自己分析するな!】ということです。 企業は「あなた」に興味がありません。 企業が関心を持っているのは、 「あなたが会社で戦力になるか」その1点のみです。 例えば、プロ野球でも、 球団によって欲しい選手が違います。 守備重視のチームに、 自分のバッティングを売り込んだところで 評価されないということです。 これを就活に当てはめると、 あなたがいくらアグレッシブな 営業力を自信に持っていても クライアントの空気を読む協調性が 重視されていたら、 それは評価に値しないってことです。 だから自分は〇〇職志望とか言うのは勝手だけど、 決めるは企業ってことをわからないといけません。 よく聞く、「評価は周りがする」ってやつですよ。 あと、志望動機や自己PRで 「成長したい」は絶対にNGです。 野球選手が入団テストで 「僕上手くなりたいんです!」はおかしいでしょ? プロ野球球団は戦力になる人にしか興味がないです。 それは就活における企業も同じ。 企業に成長させてほしいなんて、 お門違いもいいところ。 成長は勝手にしろ!が企業の本音です。 料理をうまく作るにはレシピがありますよね? 就活にだってある程度レシピがあります。 就活をしていく上で、 「インターン」「自己分析」 「業界研究」「企業研究」 「エントリー」「企業説明会」 「ES」「面接」「内々定」 とフローがあると思いますが、 インターンや集団面接は何の目的があって、 ESで問われることは何を意図して、 企業がやっているのか、 考えればわかることはたくさんあります。 だから就活でESに書くネタがない人も どこにも通用するESを作る手段はあると思っています。 ※GAFAやエリート外資(マッキンゼーとか) 財閥系(三井、三菱、住友、安田、明治、野村)は めっちゃ練って書かないと厳しいでしょうが・・・ 高学歴の人は10の魅力を持っているのに 見せ方や書き方に勿体ないところがあって 5しか伝わっていないみたいな人が多いです。 あと、就活生にとっての難題って、 「自分で企業を見つけるのが難しい」 ではないでしょうか? 日本には約400万社ある中で、 きっと100社も知らないはず。 つまり、選択肢が100ある中で、 わずか「0,000025%」の中から 今後の未来を決定していくって、 めちゃくちゃナンセンスじゃないですか? リクナビ・マイナビ・学内説明会以外にも おススメの探し方はあります。 そして、 企業分析とかマジでどうやったらいいのか わからなくないですか?笑 というより、社会人ですら多くの人が、 企業分析の仕方なんてわかっていないです。 そして、自分の働いている業界以外のことは 全くわかっていない人ばかりです。 だから「企業/業界研究の仕方」について 「教えてくれる大人がいない」んじゃなくて 「教えられる大人がほぼいない」が正しいです。 社会人でもわからないことを 学生が完璧にわかるのは至難の業です。 だけど、この2つさえ見ていれば、 あらゆることがわかるものを提示しますね。 そして、OBOG訪問でも この2つさえすればいい! というかこの2つをしないなら 何しにOBOG訪問するの? というようなものことも記述しています。 では、本題を上から順番に解説していきますね! ――――――――――――――――――――― ・企業の見つけ方 ・魅力的な自己PRの仕方 ・企業/業界研究の仕方 ・OBOG訪問でするべき2つのこと ・絶対してはいけないこと ・超簡単!「学生時代頑張ったこと」の書き方 ・おススメの著書 ・おススメしたい企業 ―――――――――――――――――――――

レビュー

まだレビューがありません

ブログ・HP制作

もっとみる

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード