有料記事

人生で一番つらい時期だった≪私の転職失敗経験談≫

なぜ、私が転職に失敗したのか 私の人生の中で、これほどつらかった時はなかったと思います。 それまでも何度も転職を繰り返し、転職をするたびに、労働環境が良くなったり、給料が良くなったりと、自分の望む形で転職ができていたのです。 ところがあるひとつの転職から人生は、大きく変わるのでした。 それまでの仕事は、半官半民のいわゆる第三セクター(今はほとんど、この言葉を聞くことがありませんね)の会社にいました。 ポジションも社長の次のポジションであり、現場のトップでした。 何も不自由なく仕事に励んでいたのでした。 その頑張りも徐々に認められ、多くの成果もあげ始めたころ、ふとしたことから、外部の業者から転職のお誘いを受けたんです。 その誘いを受けるまでは、転職をすることなど、全く考えてもいませんでした。 すべてに満足をしていたし、困ることもなかったからです。 ところが、そのちょっとした「魔の言葉」をいただいてから、転職を考えるようになったのです。 日々、その転職のことが膨らんでいきます。 私自身、今まで転職で「失敗」したことがないので、今回も軽い気持ちで考えていたのです。 今までの転職は、自分から好きな会社を選び、試験を受けて、採用になり、そこで働くという転職スタイルだったのが、今回に限りは「来てください」というものだったのです。 今までは、「仕事をさせてください」という身分だったのが、「仕事をしてくれませんか」に変わったのです。 これほど気分のいいことは、ありませんよね。 そんな気分のいい感じだったので、気持ちもどんどん傾いた訳です。 そして、とうとう決心しました。「転職をする」と。

レビュー

まだレビューがありません

就職・転職

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード