有料記事

辞書なしで読めるシャンソン トレネの「4月のパリ」

1〜9人が購入

4月のパリ(En avril à Paris) シャルル・トレネ

春のパリについては、アズナブールの「5月のパリが好き」という曲が有名ですが、シャルル・トレネが「4月のパリ」という歌を作っています。 どんな内容なのでしょうか?さっそく読んでみましょう。 (有料ページには、日常会話に役立つ表現を掲載してあります。お役立てください。) Quand Paris s'éveille au mois d'avril Quand le soleil revient d'exil Quand l'air plus doux berce une jeune romance Quand le printemps vraiment commence 【語句】 s'éveille < s'éveiller 目覚める au mois d'avril 四月に le soleil     太陽 revient de qc 〇〇を抜け出る exil 追放地、流刑地 l'air 風、微風 plus doux 今までより心地よい berce < bercer 育む(はぐくむ) une jeune romance 若いロマンス le printemps 春 vraiment   本当に commence   始まる 【翻訳」 パリが4月に目覚める時 太陽が流刑地を抜け出す時 今までより心地よい微風が若いロマンスを育む時 春が本当に始まる時 Alors voici qu'aux portes de Paris Accourt tout le pays Par l'amour ébloui Et du Nord jusqu'au Midi La France chante et rit En avril à Paris. 【語句】 Alors   それゆえ、だから   voici que ほら… aux portes de Paris パリの入り口で Accourt < accourir 駆けつける tout le pays 国じゅう Par l'amour ébloui 輝く愛で  du Nord jusqu'au Midi 北部から南仏まで chante et rit 歌い、笑う En avril  4月に à Paris  パリで 【翻訳】 だから、ほら、パリの入り口に 北部から南仏まで、国じゅうが 輝く愛によって駆けつける フランスは、パリで四月に歌い、笑う

レビュー

(2)

まだレビューがありません

音楽・楽器

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード