【誰でも簡単!】腸内環境改善ダイエット

1〜9人が購入

Supported by REQU

初めまして!

はじめまして。 新宿・代官山で活動している下半身痩せダイエットコーチ、パーソナルトレーナーの今村まさふみです。 運営しているジムはこちらをご覧ください。 ⇒http://lsp.tokyo/ 下半身痩太りに悩むモデル、アイドル、一般の方など多くの女性のお客様を担当しています。 同時に野球選手やチーム、バレリーナやダンサーのパフォーマンスアップのお手伝いもさせていただいています。 実は、下半身に限った話ではなく“腸内環境の改善”というのはとっても大事なんです。 綺麗と健康は腸内から。 ダイエットを頑張っているのにイマイチ効果が実感できていない、食欲が止まらない、体重が減らないと言う方は、腸内環境の改善も同時に行う必要があるのかも知れません。 腸内環境の改善をきっかけに、少しずつダイエットに取り入れられる事を増やしていただけたらと思います。

・はじめに

 現代人の多くがうまくいかなくて悩んでいるダイエット。それを象徴するかのようにネットで検索すればダイエットに関する情報が溢れ、毎年新しい(実は焼き直しの)ダイエット方法が現れては消えて行きます。そしてどれが本当に正しい情報なのかがわからなくなる。  本書では腸内環境をテーマに人が太る理由とその改善方法についてお話していきます。  特別な道具も使わずにご家庭で誰でも出来る再現性の高い方法をご紹介していく予定です。  医学や人体についての情報は日々更新されていきます。今回ご紹介する方法、考え方は2019年2月時点でわかっている最新のエビデンスを元に執筆をしています。そのため、今後新しいエビデンスが登場すれば内容が少し変わる可能性があることを予めご了承ください。

・目次

▶︎はじめに ▶︎腸内環境を整えるポイント ▶︎腸が大事な理由知ってますか? ▶︎脳は第二の腸 ▶︎腸が持つ驚異の腸能力! ▶︎ダイエット中にイライラは禁物〜感情と腸の不思議な関係〜 ▶︎気晴らし食品はやばい!! ▶︎こまめな深呼吸で腸内環境をリセット! ▶︎一日15分は歩こう ▶︎食習慣を変えて腸内微生物の生活環境を変えよう ▶︎オリゴ糖が持つ驚異のパワー ▶︎食物繊維を食べて腸内改善 ▶︎植物性乳酸菌が大事です ▶︎腸内細菌には悪者モノもいます ▶︎母親からの最初のプレゼント ▶︎まとめ

・腸内環境を整えるポイント

 ダイエットというと何か辛い運動をしないといけないんじゃないか?  食事制限は必須。  ストイックに頑張らないといけない。  あなたはダイエットに対してこんなイメージがあるかも知れませんが、こんなことを頑張らなくてもダイエットは成功するのです。  ダイエットを成功させるポイントは5つです。 1.深呼吸とウォーキング 2.偏った食事をしない 3.オリゴ糖を食べる 4.食物繊維を食べる 5.漬物を食べる  それでは腸とダイエットの関係についてお話していきます。  

・ 腸が大事な理由知ってますか?

 腸と食事。これは切っても切り離せない関係にあります。食べた物を消化し、吸収するために腸は発達してきました。  それでは“食事はなんのためにするか?”について一緒に考えていきましょう。  あなたの周りにもしトレーナーがいるなら、「食事ってなんのためにするの??」と質問してみてください。そのトレーナーさんが「体づくりのため」、もしくは「生きるため」と答えたら、ちょっと経験値が浅いかも知れません。  食事とは“熱”を発生させる為に行うのです。  もし生きる為に食事をするなら、植物は食事をしないのになぜ生きていけるのでしょうか?  それでは動物と植物の違いについて少しだけ考えてみましょう。  植物と動物の違いは、動けるか動けないかではありません。分類の方法にはいくつかあるみたいですが、「自分で糖質を作れる、作れないかが植物と動物の境界線」という考え方があります。  植物は食事をしなくても光を浴びることで炭水化物(糖質)を作ることができます。これを光合成と言います。でも動物は光を浴びただけでは炭水化物を作れません。  では作った糖質で何をしているのかというと“熱”を作っているのです。何がきっかけでこうなったかはまだわかっていないようですが、光合成を行うことで糖質を作り、それを熱に変えているのです。  植物(性のプランクトン)が糖質を熱に変えたことによって、大昔の海の水温が上昇しました。  そしてもう一つ、忘れてはいけないのが“酸素”です。光合成によって作られるのは糖質だけではありません。こうして海水温が上昇し酸素濃度が高まったことで一気に生物の多様性が生まれました。  その中から、熱を作るために他の生物を捕食する生物が現れました。これが我々ヒトにつながる動物の祖先です。  この時に“食事(の原型)”が生まれたのです。  食事とはつまり“熱”を作るために行うことなのです。    動物は自分で炭水化物を作れません。だから他の生物を食べて熱を作り出す元となる炭水化物を取り込まないといけないのです。  ビタミンやミネラルはその化学反応を助ける為に必要になります。    その時に必要となったのが食べた物を消化吸収するための器官です。  これが“腸“の始まりです。  ではなぜ熱を作らないといけないのか?  それは熱力学第二法則という自然界の法則が働くからです。  この法則をすごく簡単に説明します。あなたの目の前には熱いコーヒーが入ったカップがあると想像してみてください。そのまま1時間放置したらそのコーヒーはどうなっているでしょうか?

 当たり前ですがコーヒーは冷たくなります。  逆にグツグツと沸騰していたらビックリです。  熱は高い方から低い方へと移動する性質があります。外気よりも高いコーヒーの熱が外気に奪われたため、コーヒーは冷めてしまうのです。  逆は絶対にありえません。冷めたコーヒーを何時間放置していても、外気が100度近くにならない限り再びコーヒーが温まることありえません。  これはコーヒーだけではなく、すべてのモノに適用されます。魚もヒトも植物も普通は体温よりも低いところに生きています。だから、熱を作り続けないと熱を奪われてしまい死んでしまうのです。  食事を抜くようなダイエット方法を頑張ってしまうと、寒気を感じるのはこれが原因です。  熱を作り出す材料が入ってこないから外気に体温を奪われてしまうのです。   これを代謝が落ちると言います。代謝をあげようと一生懸命トレーニングを頑張っても、熱を作り出すための材料をカットしてしまったら、代謝は落ちてしまいます。そういった意味でも食事を抜いてはいけません。  食事は熱を作るために行うもの。これは是非覚えておいてください。  そして、食べ物を消化吸収するために発達した“腸”を使わないことはダイエットにおいて最もやってはいけないことの一つになります。あなたがもし健康的にダイエットをしたいのであれば“腸”をきちんと使ってあげましょう。

・脳は第二の腸

 “腸は第二の脳”。このように言われていますが、実は脳が第二の脳なのです。          (残り14169文字)

レビュー

(1)

まだレビューがありません

ダイエット・ボディメイク

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード