有料記事

演奏・練習における意識の持ち方

1〜9人が購入

演奏における考え方・感じ方・意識の持ち方

楽器の演奏というものはもちろん体を動かして音を出すのですが 音というのは最後の段階である『結果』であって その結果にいたるまでの工程によって でてくる音の質が変わるものであると思います 人間には5つの感覚がありますが その5つのうちの一つである聴覚は最後に使われ その前に実は2つの感覚と第六感みたいなものも 取り入れてみると 実は効果があるのではないかな? とおもうのです それを順を追って 説明をしてみたいと思います それぞれの状態を段階として分けると 5つあり 順番は ランダムに並べると 聴覚 視覚 触覚  その中で目で見えたり 触れて感覚としてわかるのは資格と触覚のみ 結果として音に出るものを判断するのは 見えないし触れることもできない聴覚の分野 だけれども その見えなくて触れることのできないものを その質をつかさどるのは 見えて感じることができる部分 そして もう1つ とてもとてもと〜っても大事な おそらく 一番大切な事が加わることによって 聴覚で確認する音が劇的に変わってきます

レビュー

まだレビューがありません

音楽・楽器

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード