有料記事

【ツインの魂の常識を乗り越えよう❣️】〜統合こそ真実〜

65

200人以上が購入

【はじめに】

こんにちは。Sakikoです∞ 明日は新月ですね。 しかも日食だそうで、 エネルギーが大きく動いているのを感じています。 今回の新月リーディングは 久しぶりに ツインの魂についての記事&リーディング。 ツインの魂については、 いろいろな情報があって、 分からないことだらけで、 私自身も奔走していた時期もありました。 何が正しいか、 何を信じれば良いのか、 というのは ご本人次第なのだと思いますが、 今回、私は、 「一般的な常識を 超える意識を持ちましょう💖」 ということについて 書いてみたいと思います。 「ツインの魂は 出会うと強く刺激しあい、 ランナーチェイサーがあり、 サイレントがあり、 再会があり、 統合があり…。」 みたいな常識(!?)、 ”ツインかな?“と思う人に出会った方なら きっとこういう情報↑を目にしていると思いますが、 みんなが この情報を 「常識」と思ってしまうことが とても強く 集合意識に影響している と感じています。 つまり、 ランナーチェイサー、 サイレント、 プチサイレントetc、etc、 この意識が そういう現実をつくってしまっているのです。 そろそろみんなで乗り超えません!?😆笑 この意識を払拭して、 「統合は当たり前!」 に書き換えません!?😆笑笑 もう古いツイン常識を 超えていい、 そんな時期に来ているのだと思います。 (ツインと言うワードさえ どうかと思うのですが まあ分かり易いので これでいきます。) 統合は まず、自分自身の内なる男性性と女性性を統合し、 “自分でお相手との統合を創っていく” というところから 始まるのだと思います。 つまり 今、ここで出来ること☆ 分離は幻想であるということ。 いつも一緒にいるということ。 そこから生まれる 共同創造を いかに 現実で、 つまり三次元で カタチにできるか。 そして、 その先に 更なる三次元上でのパートナーシップが出来てくる。 統合に限らず、 「創造」とは、 「想像」や「思い」からはじまっていて その「思い」をいかに現実に降ろしてくるか、 なのです。 だから 「ツインだからサイレントがあっても仕方ない」 と思ってたら その「思い」が現実をつくってしまう。 そして その「思い」は ツインの集合意識に強く強く 影響している…。 「いない」 「寂しい」 というエネルギーが 重いエネルギーをつくり いない、寂しいが現実化する…。 それを 「いつも一緒にいる」 明るく軽いエネルギーに みんなで変えていくことで ツインの集合意識もシフトして “三次元上での統合も当たり前” にしていきましょう☆ ☆☆☆ では、 いかに、 今ここで 統合をつくるのか??? 例えば、 (いつも自分の例で恐縮ですが 自分のことしか書けないので😆) 私の ショップの商品は 全て私がデザインしたり、 アレンジしたり、 工程に彼は関わっていませんが、 彼からのインスピレーションを受けた、 共同創造。 こういう文章も同じです。 彼がいるからこそ 書けるもの。  彼のエネルギーが入ってる。 だから、 ツインの魂たちに 響くのだと思うのです。 同じように、 彼のお仕事は 私の専門分野からは かけ離れていて、 その工程に私は一切関わっていませんが、 “君が助けてくれてるよ” という風に言ってくれます。 そうやって 自分の中で “自分”と“相手への愛”で共同創造し 三次元で現実化したものが 人の心に響き、 愛を感じられ、 愛の光が広がっていく。 それは 商品かもしれないし 音楽かもしれないし セッション、サービス、マッサージ、かもしれない。 お茶会、お話会という場作りかもしれない。 なんでもいい。 ツインに出会った人たちは、 出会った直後は戸惑うかもしれないけど、 このジャーニーが 自分の内なる闇のヒーリングと、 そこに光を差していく道だということに気づき、 自分を癒すこと、 自分を追求すること、 自分の能力を活かすことで 愛を表現し、 愛の共同創造を 実現し始めている。 そこには常にお相手がいるのだということ、 もう気づき始めているのだと思います。 分離なんて元々していなかったのだということ。 そして、 そうやって、 闇に光を差し 愛を表現していくのが とっても面白いのだ❣️ ということ💕 ツイン愛は広大なのです。 「彼と私」 という小さなところに留まっていても 進展しません。 「彼と私」 から抜け出しましょう❗️ まずは 愛を表現し 愛を広げていくこと。 その中にも愛の実現があり、 その先にも 「三次元上でのパートナーシップ」という愛の実現がある。 全ては愛でしかない💖 何度も繰り返しますが、 分離は幻想です。 私たちは一人でいても完璧な魂。 お相手がいないと 幸せになれないなんてことはないのです。 じゃあ ツインとは結婚できないのか? とかいう話ではなくて、 してもいいし しなくてもいいし それは自由に選べる。 「共同創造」が 結婚であったり、 子供であったりする場合も もちろんあると思います。 ですが、 結婚云々という、三次元上でのつながりを超えて 共同創造し、 愛の光を広げたい、 その先に結婚があってもなくても、 どっちでも受け入れられる、という人、 そして、 従来のツイン観念を乗り越えて、 本気でジャーニーを 楽しむ覚悟ができた人向けの リーディング&記事にしています。 今回、 本当に必要な人にお届けしたいので、 いつもの何倍もの時間をかけて、 何度も何度も推敲を重ねて 心を込めて書きました。 長編、且つ とても濃い内容です。 ゆっくり 味わって読んでいただけたら嬉しいです💖 〜本文より 一部抜粋〜 “これ以上のカードがありますか!?” ってくらい、 キラキラと素晴らしい並び💖 さすが💖 きっと これを読んで下さってる方の エネルギーだと思います💕 序文で、 “結婚云々という、三次元上でのつながりを超えた 共同創造” と書きましたが、 それを受け入れ 実現できた時 やっぱり 三次元上でのパートナーシップも 実現するのだと思います💕 手放すからこそ 与えられる。 これも宇宙の法則ですね。

レビュー

(13)

まだレビューがありません

恋愛・結婚

もっとみる

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード