有料記事

【スラムダンク】桜木花道と流川楓の共通点

終生のライバルと言われる桜木花道と流川楓(といっても一方的に桜木がライバル視しているが。) 赤い髪のヤンキーで破天荒な桜木花道、天才肌でイケメンだが無口で無愛想な流川楓。 一見すると対照的な二人だが、よくよく見てみると共通点は実に多いことに気づきます。 ①身体能力が高い 桜木は188cm(IH出場時は189.2cm)、流川は187cmと抜群の体格を持っています。 高さに加え、スピードとジャンプ力はピカイチで、垂直跳びに関しては共に1m以上あるのではないかと思われるほどの身体能力を誇ります。 おそらく、陸上の大会に出ても上位入賞は間違いなしでしょう。 ②早生まれ 桜木は4月1日生まれ、流川は1月1日生まれで、ちょうど3ヶ月違いです。 スラムダンクのトリビアにも載っていますが、桜木はインターハイ出場の最年少記録を作っています。 井上雄彦は大のジャイアンツファンで、桑田真澄と同じ誕生日にしたんだとか。 桜木が後1日生まれるのが遅かったら、神奈川県高校バスケの勢力図は変わっていたかもしれません。 ③負けず嫌い タイプは違うが、超が付くほどの負けず嫌い。 桜木は感情をストレートに出すのに対し、流川は内に熱い想い秘めているのが特徴です。 陵南との練習試合の時、桜木は試合終了のホイッスルが鳴っても負けという事実を受け入れられず、夜になっても悔しさで一睡もできなかったというエピソードがあります。

レビュー

まだレビューがありません

本・マンガ・映画

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード