有料記事

有力銀行からの圧力

この話は、住宅ローンの借り入れ交渉をする際の銀行とのやりとりです。 この秘話を公開するかどうか迷っています。 家を買うために、ローンを組もうとしています。 つまり、お金を借りようとしています。 金を貸す人間(あるいは組織)は、借り手の信用力を疑います。 わかりやすく言うと返済能力があるかどうかを検証して、秤にかけます。 問題のない客だと、貸したいものです。 これをプライムローンといいます。 (サブプライムローンは、問題のある貸し手なのです) 私は、第二地銀で世話になるつもりでいましたが、せっかくの機会だから、際だって取引のない第一地銀がどういう条件を出すか、様子を見に行きました。 受付のお姉さんは、丁寧な口調でした。 しかし、慣れていないところと、自分の裁量では決められないところがあるために、時々、近くの上司に伺いを立てていました。 私が、現在、自己保有のマンションを所有していることを話すと、 「それは、売ってもらわなければならないかもしれません」 と言われました。 あるいは、 「マンションの返済表と登記簿を持って来てください。 それによって、金利の上乗せをさせて頂く場合がございます。」 と丁寧ではありますが、客の信用度をみてきました。

レビュー

まだレビューがありません

家計・節約・貯蓄

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード