『小顔は自分で作れる』

初めまして! 予約2ヶ月待ち「整体KAWASHIMA」の代表、 「美容整体KAWASHIMA TV」というYoutubeチャンネルで 動画を配信させて頂いてる、美容整体師の川島悠希です(^^) まずは、写真をご覧ください。

この女性は2ヶ月でここまで変わりました。 次の女性は、、、

4ヶ月でここまで変わりました! お次は、二重のビフォーアフター!

この女性は、 2週間ほどでここまで変わりました! ・えらが張ってて人前に出たくない、、、 ・頬骨が出てるのがいや、、、 ・写真撮ったら私だけ顔が大きい、、、 ・一重で目つきが悪く見える、、、 すごくわかります。 コンプレックスがあると、 人前に出るのも嫌になるし、 写真とかで上手く笑えないですよね。 そんなみなさんに、 僕が実際に小顔にさせたマッサージ法4つと 二重になるマッサージ法2つを公開します!

⬛︎ 目次 ⬛︎

◆初めに 1、顔が大きい人の原因 2、小顔を作る3つの重要ポイント 3、自分の理想顔に近づけよう ◆やり方 4、顔のむくみを取るテクニック 5、頬骨をしめるマッサージ 6、えらを消すマッサージ 7、顔の脂肪を燃やす小顔体操 8、蒙古襞マッサージ 9、ぱっちり二重マッサージ <REQU限定動画> 10、Youtubeでは教えてない小顔術

その前に大事なポイント!

1、顔が大きい人の原因

<骨がずれてる> 顔の骨は、22個の骨が組み合わさってできています。 赤ちゃんの時は頭蓋骨は繋がってないって話はよく聞きますよね。 成人になるにつれて徐々に顔の骨が形成されてくるんですが、その過程で歪みが発生して、片方の頬骨がでたり、食事の癖で噛む方に左右差があり、顎がゆがんだりしてきます。 <顔のむくみ> 浮腫みというのは、水分が多く溜まった状態のことをいいますが、人間を作ってるものの多くは水分が8割です。 通常は、血流と一緒に体全身を巡っています。 血流は筋肉が動くことによって流れるので、筋肉を使うと=水分が流れる ということになります。顔には体に水分を送る大きな血管があります。 顎関節と後頭部のあたりです。 そこの周囲の筋肉が凝ってると血流が悪いので顔に水分が溜まってしまいやすくなるというのが顔のむくみの原因なんです。 <筋肉の張り> 顔には30種類ほどの筋肉があります。 ですが、その7割は使われていないんです。 筋肉はあまり使われていないと固まっていきます。 そうなると、使おうと思った時には凝り固まっていて、うまく使えなくなります。 筋肉は、使う時に周りの脂肪を燃焼してくれる機能があるんですが、顔の筋肉を使ってない人は、顔にどんどん脂肪がつきやすくなるんです。

2、小顔を作る3つの重要ポイント

<原因の骨を調整> 顔が大きく見える原因は、この2つがほとんどです。 それは、『頬骨』&『えら』。 特に『頬骨』という骨なんです。 この骨が横に出ている人は、顔が『元気一杯!アンパンマン!』みたいになってしまいます、、、笑 そして、『えら』の骨なんですが、実はあまり調整しません。 なぜなら『頬骨』が締まれば『えら』も細く見えるからです! 『えら』には咬筋と言われる筋肉があるので、それを調整するぐらいなんです。 <代謝のいい顔を作る> 顔には多くの筋肉がついていますが、これを「表情筋」と言います。 この表情筋をうまく使うには笑顔が1番効果的と言われていますが、 最近はスマホなどの普及により会話をすることが減り、顔の筋肉が硬い人が多く、筋肉をあまり使わないと脂肪がつきやすくなるという体の習慣があります。 よってこの「表情筋」を普段から使うことによって顔の脂肪を燃焼する効果や顔に脂肪が付きにくくする効果もあるんです。 <筋肉をほぐす> 最後!大事になってくるのが、えらあたりにある『咬筋』という筋肉。 この筋肉が発達してると、えらが大きく見えてしまいます。 この咬筋は、首こりや肩こりが多い方は発達してることが多いのが特徴です。この筋肉を毎日マッサージし、ほぐせばスッキリした、えらが作ることができます。

3、自分の理想像に近づけよう

次に大事なのが、自分がどういう顔になりたいのか。 例えば、頬骨にしても横にしめたいのか、手前に押し込みたいのか。 自分が目標とする顔があれば、常にその写真や画像を見ながらすることでなるべくはやく理想の顔に近づいていきます!

では、さっそくやっていきましょう!

4、顔のむくみを取る方法