有料記事

一浪するってどう?16話暗闇の中 17話勉強のテンション 18話物理で行きます!

1

200人以上が購入

16話 暗闇の中の浪人生

6月になると、 受けていたいくつかの模試の 結果が手元に戻ってきた。 それらの模試の すべてがズタズタなのは、 結果が返却される前から 解っていたことではあったけど、 やはり 偏差値 というカタチで 目の当たりにすると、 浪人生のイチローが受ける ダメージは相当きついようだった。 一浪のくせに現役受験生よりも できていないのだから。 そして最初は好調だった Y学院の55段階や化学の授業も どんどん難しくなってきて、 それらがさらに彼を不安にさせる。 このころの息子は溜息や愚痴が多かった。 家が遠い、から始まって、 電車が混んでるだの、 電車遅延して乗り継ぎができなかっただの、 ダイヤが悪いだの。 帰るメール と一緒に  ぐだぐだぐだぐだ  毎日毎日送ってきていた。 まあ、学校の時のように、 (予備校に)仲間がいるわけでもないし 気分転換に部活があるわけでもない。 吐き出す場所がどこにも無いんだろうと、 私はただ受け流していた。 一方、一緒に一浪になったマサヒロは、 模試での結果が向上していた。 物理は70に手が届きそう 数学は60超えだった。 半年早く、イケメン先生の授業を 受けている彼との溝は そう簡単に埋まるものではなく いくら息子が追いかけても  マサヒロは常にかなり前を走っていた。

レビュー

(2)

まだレビューがありません

お受験

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード