有料記事

寝台特急サンライズ出雲と1筆書き乗車で行く、出雲大社、山口県、九州の旅物語 1話

下り 寝台特急サンライズ出雲号とJR片道1筆書き乗車券で行く、旅物語の続編でございます!!

ご好評頂き、ありがとうございます!! この物語は、ゆうま と たかみ の若い同い年の男女が、ある日、東京駅から寝台特急サンライズ出雲号、285系電車に乗って、出雲大社から山口県、九州の1筆書き乗車の旅を描いたものでございます。 この物語は、フィクションです。登場人物などは、すべて架空の人物です。 また、この物語でモチーフとした実際の旅程プランは、添付いたしました、写真の通りでございます。 長年、青春18きっぷなどで日本全国を旅してきた20代後半の若き鉄道好きな男が描く!

人物、キャラクター設定

ゆうま: 幼い頃から鉄道好きな男でこれまで高校、大学時代と日本全国を青春18切符などで旅をしてきた強者だ。北海道から九州まで、JRの路線なら、ほぼ全てを頭の中に叩き込んでいて、最近の時刻表のパターンまで頭の中にあるほど。 たかみ: 昔から好きだった同い年の女の子。鉄道はそこそこ好きで、温泉などへの旅行は大好きな女の子。ゆうまとは、同じ大学の鉄道サークルを通じて、知り合う。価値観や性格などが自分と意気投合して好きになった。将来は、ゆうまとの結婚も視野に入れて考えている。

物語あらすじ

JRの片道1筆書き乗車券と今人気の寝台特急サンライズ出雲号で行く出雲大社、山口県の湯田温泉、鶯張りの石畳で有名な香山公園、そして、山陽新幹線、九州新幹線を使って、旅をする物語である。 今回、大学の学生時代から付き合っている「たかみ」という女の子と一緒に、出雲大社、山口県の湯田温泉、香山公園、九州の旅に出掛けることとなった。お互い初めてということもあって、2人の恋の鉄道旅行物語が、今、始まる!

第1話: ゆうまとたかみ、初めての出雲大社へ。

レビュー

まだレビューがありません

国内旅行