有料記事

精神科での身体治療とケアにおける看護の役割

総合病院の精神科病棟には身体治療を必要としている患者さんが入院されることが多くあります。 そのような中、身体治療とケアにおいてさまざまな制約や限界からジレンマを生じます。 例えば24時間の持続点滴を行いたいのに、隔離室を使用されている患者さんは安全管理上、24時間の点滴は難しいなど。 では持続点滴が難しいから身体拘束かというとそれは違います。極力身体拘束にならないように努力することが必要です。 このような制約のある環境において、看護は医師が必要と考える治療が円滑に進むようにサポートしていかなければなりません。 そのためには、常に優先順位や「患者にとってどうなのか」を考えて行動することが求められます。 そこで今回隔離室を使用している患者さんの身体治療とケアにおける看護の役割について考えてみました。

レビュー

まだレビューがありません

資格・スキルアップ・仕事術

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード