有料記事

シンデレラ結婚の落とし穴(結婚相手は、若い医師編)

1〜9人が購入

ここでいうシンデレラ結婚とは・ ごく普通の学歴、職業の女性が、高学歴高収入の ハイスぺ男性と結婚することをいう。 自分がハイスぺの医師の女性が、同じ職業の 医師の男性と結婚しても、それは シンデレラ結婚とは言わない。 そうしたシンデレラ結婚は女性の憧れ? でも、そのシンデレラ結婚をした女性のその後の 結婚生活は、あまり知られていないのでは? あなたは、シンデレラ結婚の女性のその後を 知っていますか? 私は知っています、自分の周りの女性で何人も。 結婚式が幸せの絶頂で、その20年後、 なぜか、その幸せが続いていない人が多い。 「シンデレラは幸せに暮らしました」 は童話の話で、現実は、その反対のことが多い。 これを読めば、 女性は、自分が努力するより、努力したハイスぺ男性と 結婚した方が賢い勝ち組、とか、単純に思わなくなる。 まあ、シンデレラ結婚した人は何人もいるけれど、 まずはハイスぺ男性の代表のような、友人たちに 羨ましがられながら 結婚式を挙げた、イケメン医師と結婚した女性の その後から。 シンデレラ結婚のその後の始まり~ 私の義弟は、地方の国立大医学部医科に現役合格組。 しかも、中学時代は体育会系で、県大会でベスト8に 入るほどの運動神経の良さ、 あまり、部活に熱中してるので、先生が心配して、 少しは受験勉強しろと言われて、 3年になってから受験勉強に力入れたら、その県内でも 有数の進学高校に合格した。 進学校の高校では、文化部長もしていて、長身イケメン、 他人にやさしい温厚な人柄、で女生徒の大モテしていた。 そのレベルの高い進学校では、もっとお勉強ができた 生徒も多くて、義弟は、特に勉強ができるというわけでは なかったのに、大学受験の結果、 その進学校でも、医学部医科を受験した人は多かったけど、 現役で、国立大の医学部医科に合格したのは、 数名しかいなかったのに、その中にちゃっかり入っていた。 同じ高校の医学部受験の友達は皆、義弟より成績が 良かったのに、 地元国立大医学部を受験して、全員、落ちてしまって、 義弟が受験したのは、隣の県の国立大学医学部だったので、 「あそこが穴場だったのかー、そちらを受験すればよかったー」 と、医学部受験を失敗した友達たちが皆、悔しがったそうです。 とにかく、イケメン、長身、運動神経がいい、温厚、 頭がいい。女子にモテないはずがない。 高校も中学の時も、バレンタインデーには、 チョコレートは山ほどもらっていたそうです。 で、 大学の医学部医科に合格すると、女性がうじゃうじゃ 寄って来ます。 うちの義弟は、環境も才能も、恵まれているので、 人を恨むとか、疑うとか、嫉妬心とか感じるような 機会もなく、 素直で明るい性格そのまま育っているのです。 そんな大学生の義弟を、目ざとい女性は ほっときません。 かわいいしぐさと、自分の軽い病気のことを相談する ようにして、近づいてきて、その女性の親も公認の同棲を はじめて、最終的には、結婚を義弟に迫って、医者の妻に なった女性がいました。 その女性と義弟の結婚前、義弟が泣きながら、うちに毎日 電話してきました。早く結婚しないと、結婚してくれと 毎日彼女に責められて、医師国家資格の勉強ができない、と。 お金を貸してくれ、簡単な結婚式をするので、と。 研修医になったら、看護師さん達にモテるから、万が一、 看護師さんに彼を取られたら、元も子もないので、 研修医になる前に、籍を入れたいと彼女とその親の 希望だそうです。 まだ、義弟は学生ですよ。それをうちの夫の父親に 話すと、激怒されて、仕方なく、義弟は泣きながら うちに電話してきたのだそうです。 私はその話を聞いて、本気でその女性が怖くなりました。 もし、うちが断ったら、一生その女性に、うちも 恨まれる、執念の強さがすごい。 医者の妻狙いの女性ってここまでするのか、 すごいな、怖いなと思いましたが、自分の身に 火の粉が降りかかるのが嫌で、当時、私が持っていた 株を売って、100万義弟に貸しました。 でも、結婚資金を泣いて借りに来ること自体が おかしい、と心の中で、私は思っていました。 結婚資金が欲しければ、若いのだから、二人で 働けばいいのです。 もしくは、式を挙げなければいいのです。 義弟は、彼女はお嬢様だから働かないと 言っていましたが、人間というのは、 能力があれば働きたくなるものだし、 健康体なのに、自分は働かないというのは、 心が卑しい証拠です。 自分は働かないというのは、卑しい心の人、 つまり、お嬢様の上に「バカ」という 形容詞がついている、 バカお嬢様、 賢いお嬢様は、学校に行っているか 働いている。 それぐらい気づけ、と思いました。 そして、そのバカお嬢様は、義弟に強引に 結婚を迫って、めでたく医師の妻になれた わけです、わたしから借りた100万円で。 結婚式は簡単なもので、 新婦の方は親兄弟、友人もきていましたが 新婦の友人たちは、医師との結婚をした新婦を 一緒に祝福してくれている様子もなく、友人たちに 笑顔がありませんでした。 でも、新婦はすごいうれしそうな、結婚式でした。 そして、その結婚後、数か月たって義弟からまた 電話で、こんな愚痴が・・。 僕は騙されていた、と。 私達には言っていなかったけど、義弟は嫁と義父 から、あることを約束されていました。 でも、その約束事が、義弟が思っていたことと 大きく違ったのだそうです。 その話を聞いて、私は義弟に呆れました。 そんなわかりやすいウソに、騙されていたのかと。 若いイケメン医師と結婚できるなら、 それぐらいのウソ、平気でつくだろう、 そんなわかりやすいウソを信じていたなんて、 信じる方がおかしい。 義弟は、超偏差値高いのに、気づき力というか、 ウソを見抜く能力というか、人の本質を見抜く 能力がないことに驚いて、そういう能力は 偏差値には関係ないのだと、その時、初めて わかりました。 さて、義弟が騙されたといったのは、 どんなウソだったのか。 そして、義弟とその妻の結婚生活はその後 どうなったのかは、このあとの有料記事で。 有料記事の価格は、私の気分次第で変えます。 今より、安くすることもあるかもしれませんが、 逆に、すごく上げることもあるかもしれません。 突然、販売中止をすることもあります。 ご了承ください。

レビュー

まだレビューがありません

結婚

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード