有料記事

大人のエレクトーン演奏グレード自由曲*課題曲の選び方-10級Aコース編

ヤマハエレクトーン演奏グレードにチャレンジ

エレクトーン講師Mikiです。 大人になってから エレクトーンを 始めた方達にとって 気になる存在の1つ ヤマハエレクトーン 演奏グレード。 「ヤマハのグレードって 何だろう?」 「良く、分からないけれど 興味は有る」 という方も 多いのではないでしょうか。 なかには グレードの内容を 確認すること無く 「自分には、無理」と 決め付けてしまう方も いらっしゃいますが それは、とっても もったいない事だなと 思います。 グレードを 取得することが、ご自分の 自信に 繋がることは、もちろん 合格を 目指す過程で 少しずつ、音楽力が 身につく様に 作られている とっても 良く出来た システムなんですよ。 「機会が有れば 受験したいな」と 考えていらっしゃる 大人の方や 「興味はあるけれど 1歩、踏み出せない」という 大人の方達に向け ヤマハ音楽教室 システム講師時代に、多数 グレード試験官経験が有り 現在も エレクトーングレード 13級~11級試験官である エレクトーン講師Mikiが 解説致します。 こちらでは 大人の受験という 観点から エレクトーン演奏グレード 10級Aコースの 自由曲と 課題曲の 選び方 受験申し込み書に 受験曲を 記入する際の コツについて 解説しております。 受験を イメージして ワクワクしたら それは、心の 受験準備が 整った サインかもしれません。 具体的に ゴールを イメージすることは 合格への 近道にもなりますよ。 まずは 試験内容から、一緒に 確認して行きましょう♪

1.ヤマハエレクトーン演奏グレード10級Aコース・試験内容

ヤマハエレクトーン 演奏グレードは、大きく 3つに、分けられています。 鍵盤初期学習者の方のための 13級〜11級 (ヤマハ公式サイト)

音楽を学んでいる方や 趣味で楽しんでいる方のための 10級〜6級 (ヤマハ公式サイト)

音楽の指導者・専門家や それらを目指す方のための 5級〜3級 (ヤマハ公式サイト)

今回、ご紹介する 10級Aコースは 音楽を学んでいる方や 趣味で 楽しんでいる方のための グレードの中で 1番、受験しやすい 最初の段階の グレードです。 試験項目は 以下の3つ。 1.自由曲×2曲 2.課題曲×1曲 3.編曲演奏 試験当日 緊張の中 最初に、演奏するのが 自由曲。 心を、込めて 大切に 弾ける曲を 選びたいですよね。

2.自由曲の選び方(エレクトーン演奏グレード10級・Aコース)

レビュー

まだレビューがありません

音楽・楽器

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード