有料記事

【こころ】夏目漱石の要点と書評と解説

 要点 主に3つの 場面に 分かれている 一、先生と私 二、 私と実家 三、私と手紙  一つ目は、  私と先生の話である 。   人間不振の先生はネガティブなことをいつも言っていたが、先生の奥さんに聞いてもついぞ解らなかった。  二つ目は、実家の父が倒れたので帰ったが、そこで母の薦めで先生に、就職の斡旋をお願いする。  三つ目は、先生からは厚さ6cm の手紙が届く。そこには、何故人間不振になり、自己嫌悪になった理由がこと細かく書いてあった。

レビュー

まだレビューがありません

本・マンガ・映画