「弥勒下生」と144,000人(3)

50人以上が購入

二人のシャーマン

9月29日に訪れた寂光院(京都市大原)の「諸行無常の鐘」と境内のお庭です。寂光院は昔から気になっていた寺院でして、今回やっと訪れることができました。建礼門院徳子が、壇ノ浦で滅亡した平家一門と、我が子安徳天皇の菩提を弔いながら、終生を過ごした寺院です。 (参考)寂光院HP http://www.jakkoin.jp/

今回の記事は、無料か有料かで悩みました。理由は、‟謎の老婆”が住んでいるのではないかと思われる奈良県の寺院名を明らかにできなかったのと同じで、不特定多数の目にさらされると‟霊的アタック”を受ける可能性があるからなのです。かといって、連日の有料記事は金銭的負担をお掛けすることになりますので100円としました。どうぞご理解ください。 ‟霊的アタック”といって思い出すのは雅子さまです。最近の雅子さまは表情も明るくなって、以前とは見違えるようですが、数年前までは、「適応障害」というご病気でお辛い日々を送られておりました。 当時は、3次元世界的にも様々なバッシングがありましたが、見えない世界からの‟霊的アタック”もあると云われておりました。それは目に見える形で証明できませんので、「信じる信じないはあなた次第」ということにはなりますが、ここ数年でそれも止んできたようです。

(画像)今朝の夢と「僕たちがやりました」(9/22)より https://ameblo.jp/agnes99/entry-12528340837.html (参考)「弥勒下生と144,000人(1)」(10/6) https://ameblo.jp/agnes99/entry-12532839189.html 前々記事の「弥勒下生と144,000人(1)」では、現在の国内事情をお伝えしました。第2次安倍内閣が誕生したのは2012年12月26日です。その前の第1次安倍内閣が誕生したのは2006年9月26日でした。いずれも「26は開始のサイン」です。何が開始されたのでしょうかねぇ~?

天理市の石上神宮で撮影した「神鶏」です。春日大社の「神鹿」みたいな存在ですかねぇ?(笑)石上神宮も、以前から訪れてみたかった神社です。 現在約30羽が参道をはじめ境内の各所にいます。ニワトリはすでに『古事記』『日本書紀』に登場し、暁に時を告げる鳥として、神聖視され、神様のお使いともされています。 (参考)石上神宮HP http://www.isonokami.jp/ たまたま撮影したのは3羽となりましたが、今考えますとイミシンです。「暁に時を告げる鳥」とはねぇ・・・(#^.^#)

レビュー

(1)

まだレビューがありません

ブログ記事・文書作成

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード