有料記事

TOEIC:大学一年生がたった1週間で、450点→700点に上げた方法教えます

本文は、敬語ではないのでご了承をおお!

TOEICは(というか英語)、そこまで勉強しなくてもいい?

みなさんはTOEICをすごく難しい物だと考えてないでしょうか?視点を1つ変えるだけでもこんなに楽に身につき、尚且つ点数も確実に上がります。勉強というり、ライフワークに組みことにより力をつけます。 *すばやくTOEICを爆発的に伸びる方法を知りたい方は購入していただき第6章まで飛んでいただいても構いません。ただそこまでの章を読んでいただくのと読んで頂けないのでは全然違う!!

《目次》

【序章】 著者も最初はTOEICボロボロだった。

【第1章】 1週間の勉強で700点を取れたことには理由があった。

【第2章】 ライフワークに英語を組み込む具体的な方法。

【第3章】 一気に点数をあげれる人の条件と英語をいつのまにか大好きになっていた秘訣。

【第4章】 ぼくが実際に急に英語が聞こえてくるようになった体験談。 (シャドーウィングの実際のやり方とこれだけやれば聞こえるようになる。)

【第5章】 おすすめのTOEIC参考本。 (英単語帳、文法、模試) 点数やレベルに合わしての購入のおすすめも教えるよ!

【第6章】 TOEIC直前これさえやっとけば400〜500点の人は100点は上がる。

【終章】 TOEIC本番でのリスニングの解き方や、ライティングのやり方。これ知ってるだけで点数にすごい差が出る。(とく順番、Partごとのやり方。いつどこで先読みするかとか。) あとどうゆう風に時間割をしたらいいかも教えちゃう!

【おまけ】 おすすめ歌手から洋画、ドラマまで教えちゃう!

《感謝の言葉》

はい本編でーす!

【序章 】著者も最初はTOEICボロボロだった。

先に伝えさして頂くと、この記事はたった1週間で点数が跳ね上がると言うのではないよ。でもTOEIC前の1週間で劇的に変わったのは本当。もしぼくと同じような条件だったら本当に1週間で100点、200点伸びると思う。その条件は第3章で見れるよ! ぼく自身、TOEICを受け始めた時は訳がわからずただただ塗り絵をしてた。みなさんもTOEICを受けたことがある方ならそういう経験があるって方多いでしょ?ただそれは当たり前のこと。 理由は、まずリスニング。 リスニングは発音をしたことがある単語・音しか聞き取ることができやん。それなのTOEICには、半分の点数がリスニングでまず最初に日本人なら叩きのめされることが多いやんね。なのに、日本人はライティング(writing)ばっかりでリスニングなんてほぼ教育されとらんからまじで当たり前のこと! でもだからこそリスニングは武器になる!逆にリスニングさえ強化してしまえばい簡単に500〜600点は余裕で取れる。次章では、なぜ450点→700点まで点数が跳ね上がったかを説明する。

【第1章】 1週間の勉強で700点を取れたことには理由があった。

ぼくは、700点を取った時にそうゆうことだったのかっていう点をいくつか見つけた。まず周りの人達とは何が違っていたのか、知らないうちになにをしていたのか。実は、それはぼく自身は勉強だとは全く思ってなかったことが結果的にすごい影響をTOEICの点数に与えてた。 それは、音楽・ドラマ・映画全てというものがぼくの場合、洋楽・洋ドラマ・洋画ということにあったねん。周りにもいつも洋楽や洋画見てる人多いんちゃう?その人たちは絶対的に見ない人達より耳が良い。でもただ見るだけやったり、聞くだけではほぼ影響がない。ぼくは自然とそのことを日常的にライフワークとして組み込んでいた。次の章では、実際にただ洋楽や洋画を見ている人とぼくの違いを教えるよ! 次の章からは、購入して頂いた方のみ読み進めれる(>_<)でも、まじでそこらへんの参考本をひたすらやるより確実に効果はあるし、同じ方法でやったら600点台〜700点は絶対取れるようになる。後悔はさせないよ。

【第2章】ライフワークに英語を組み込む具体的な方法

レビュー

まだレビューがありません

外国語の翻訳・添削・校正

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード