有料記事

一浪するってどう?4話大学受験に強いのは?5話3者面談6話私大理系か早慶理系か

4

100人以上が購入

一浪スタート時の日記である この日記を今読み返してみると なんて甘い考えなんだろう・・・ と情けなくなってきます。 知らないって怖いですね。 やる前から この山は高すぎて登れない、 とあきらめるのもどうかと思いますが あまりに無謀な山に登る計画もどうよ?  と思います。 あと数点足りなくて合格を逃し 再チャレンジする浪人と 山の登り方も知らないところから スタートする浪人を 一緒にしてはいけません。 そして 人様のお子様に良い予備校が 我が子にとっても良い予備校だとは 限りません。 私が思う 予備校選びで大切なことは 予備校を分析することよりも 我が子を分析することです。 なんで我が子は浪人したのか。 何がどう良くなかったのか。 そこを 親は正しく理解しているでしょうか。 漠然と 「ちゃんと勉強しなかったから。努力がたりなかったから。」 と考えてはいませんか? 我が子が成績が悪い原因は何なのか とことん分析してください。 数学の偏差値が低い原因は 本当に理解不足なのか。 理解不足とは あやふやなまま進んでしまったからなのか 理解する能力に欠けるのか。 計算ミスは本当についうっかりしただけなのか。 性格によっても合う予備校は違います。 負けず嫌いな性格なのか 流されやすい性格なのか。 勉強している子がいたほうが 集中できるタイプなのか。 人がいると集中できないタイプなのか。 他にもいろいろありますが それらの解答如何で 合う予備校や勉強スタイルが 全く変わってしまいます。 予備校は我が子に合わせてくれません。 我が子が予備校に合わせて 利用していかなくてはいけないのです。 おんぶにだっこじゃ伸びません。 我が子が 一番合わせやすい予備校はどこなのか。 予備校の説明を聞く前に 予備校を分析する前に まずは 我が子をとことん分析することを おすすめします。 (※一浪するってどう?の内容はすべて事実ですが、当時と現在では状況が違うことが多々あります。あくまでも愚息と愚母の当時の体験談としてお読みいただくようお願いいたします。)

レビュー

まだレビューがありません

お受験

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード