有料記事

格安でこどもを国際人に育てる方法 〜マレーシア親子留学のススメ

8

1〜9人が購入

マレーシア移住やマレーシア留学を検討中の方必見のマレーシア・ジョホールバル教育移住ガイドブックです。 現地視察ガイドでもなかなか教えてもらえない、実際に子供と一緒に教育移住を経験しなくてはわからないことを書いています。 これからマレーシアに移住しようとご検討中の方が視察に行く前に読んでいただければ、参考にしていただけると思います。 実際に移住されている方からも、お子様の進学についての相談をお受けします。マレーシアインターナショナルで科目やカリキュラムの選択にお悩みの方にも参考にしていただけると思います。 2012年11月6日、ちょうど今から7年前 長男が中学2年生の冬、末っ子が1歳になったばかりの頃に、5人の子どもたちと一緒にマレーシア・ジョホールバルに移住しました。あの頃全く英語も中国語も話せなかったごく普通の公立中学校と小学校に通うサッカー少年とアイススケート少女の子供たちが、今では英語と中国語を使いこなし、欧米の大学で学んでいます。これまでの経験から得たことを全て本にしました。 これから移住や留学を検討されている方に相談会(1万円)でお話している内容と、インターナショナルスクール視察(3万円)と不動産視察(3万円)にご案内する方にお話する情報全てを盛り込んだ内容になっています。 目次 ■留学すべきおすすめの国 1) マレーシアで親子留学するなら首都クアラルンプールかジョホールバルか 2) 欧米諸国ではなくマレーシア留学を選ぶメリットとデメリット 3) 同じ格安留学でもフィリピン留学とココが違う ■インターナショナルスクールの選び方 4) 国際バカロレアかケンブリッジAレベルか 5) マレーシアのインターナショナルスクールの学費 6)知る人ぞ知る、学費を半額以下にする裏技 7)ジョホールバル・13校のインターナショナルスクールの特徴 〜どのインターナショナルを見学にいくべきか ■生活事情 8)ジョホールバルの特徴 9)戸建てに住むかコンドミニアムに住むか 10) ジョホールバル、住むべきおすすめの場所 ■格安親子留学でさらにお金を増やす裏技 11)思春期からの留学の壁と親の役割 12)富裕層に人気のマレーシア長期滞在ビザ・MM2Hとその活用法 13)マレーシア親子留学のもう1つのメリット・富裕層は知らない・マレーシア親子留学で資産運営する方法 14)短期親子留学体験ツアーのすすめ

レビュー

(1)

まだレビューがありません

お受験

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード