有料記事

魅惑のダウンストローク!!!これが出来ないとドラムがかっこ悪い?!

1〜9人が購入

Supported by REQU

驚愕の事実!!! なんと! ダウンストローク(上から叩いて下で止める)が出来ないとドラムがかっこよく聞こえない!!! ドラムって同じことをしててもカッコ良く聞こえる人とそうでない人がいるのです! 同じ曲を演奏してても、この人のドラムはなんだか強弱がはっきりついてなくてバタバタ聞こえてカッコ悪いなあ! って人はダウンストロークに原因が有る場合が多いです。 そう! かっこよく演奏するには『ダウンストローク』が必須なのです! しかし! 一体何が難しいのでしょうか? 出来てないとはどういう事でしょう!? 単純に上から叩いて下で止める という事ではないんです! ダウンストロークでスティックを力を入れて下の位置で止めるのは簡単ですが太鼓の振動を止めてしまいます。 そうすると太鼓本来の良い響きが得られません なので理想は力を抜いたまま下で止める! そんな魅惑のダウンストロークを誰でも簡単に出来るように有料部分では実際のスティックの持ち方やコツを画像付きで記載しております。 先ずはダウンストロークの説明からします。 ドラムはスティックを振り下ろす高さで音量をコントロールするのが基本です。 重力に逆らわず腕を落とすように高い位置から叩くと大きな音が出て低い位置から叩くと小さい音が出ます。 (これは基本なので低い位置から大きな音を出す方法も有るのですがそれはまたの機会に!) ストローク(スティックの振り方)は叩いた1打目の音を大きくするのか小さくするのかも重要なのですが叩いた後の2打目の音をどうするかで1打目の叩き方も変わるのです。 ダウンストロークは大きな音を出した後に小さい音を出したい時に使います。 大きな音を出す為には高い位置から落としますよね? そしてその次に小さい音を出したいなら下で止めないと次の小さい音が出しにくい! 重力に逆らって高い位置からゆっくり落とせば出来なくも無いですが余計に難しい! あえて難しい選択をするならお任せします! そんな人いないか、笑 そしてこの下で止めるのが非常に難しい! まあ連打の速さも関係してくるので一概には言えませんが出来ることなら高い位置から落としてドラムヘッドの上3センチから5センチぐらいの高さで止める! しかも力を抜いたままで。 普通に力を抜いて振ると必ず跳ねて高く上がってしまいます。 んー難しい!!! では簡単?に出来る方法を詳しく説明します! 【以下の有料記事内容】 ◎基本の構え方 ◎グリップ ◎手首の使い方 ◎支点の重要性

レビュー

まだレビューがありません

音楽・楽器

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード