有料記事

自宅をプラス1000万円で売却するまで①

1〜9人が購入

はじめまして。 33歳の2児のワーママあおぽんです。 現在育休中で半年前からアメブロでブログを書いています。 有料記事では新築マンションか新築戸建への住み替え体験について書いていきます。 2018年秋に戸建てを購入しました。 私たちの場合は初めてのマイホームではなく4年前に購入したマンションから戸建てへの買い換えです。 なんと運良く私達は購入価格のプラス1,000万円でマンションを売却しました! 少しでもどなたかの参考になればと思い、売却&購入の話を書きたいと思います。 私たち夫婦は都内に職場があり、結婚当初は職場から30分程の距離に住んでいましたがやはり都内の家賃は高い。 賃貸で払い続けるのがもったいないと感じて、子どもが出来たときに親に頼れるようにと二人の実家がある神奈川県で家探しをして新築マンションを購入しました。 購入時は私27歳、旦那くん25歳で二人とも給料はまだまだ新卒に毛が生えたようなもの。 購入の諸費用を払うのが精一杯で、全額ローンで購入しました。 まだ子どもがいなかったので、とにかく駅近で通勤しやすいところを第一条件に探しました。 家から会社まで一時間の通勤で、駅からは徒歩7分で2,800万円。 3,500万円~4,000万円の3LDKがメインのマンションの2LDK最低価格の部屋でした。 探し始めて二件目。まだこれから建設という段階でモデルルームしか見られませんでしたが、即決しました。 この立地でこの値段はそうそう出ないと思ったからです。 そして4年後… 二人目を妊娠し、少し手狭になるかもしれない… 一生住めない家ならオリンピック前に売却した方がいいのかな?? でもいくらで売れるんだろ… 息子の保育園は変えたくないから引っ越すにしてもこの近くしか考えていないけど、このあたり結構高い… そう思い始めたのが2018年の夏 新築マンションだったのでまだ売却実績がなく分からないことだらけ。 ちょうど気になる戸建てがすぐ近くに出来て、最後の一棟がなかなか決まらず販売当初より少し値下がって4,600万円に! 高い… 高いけど…マンションが高く売れればその分で買えるかもしれない?? いや、でもローン地獄になるよな…ましてや産休に入るのに。 でも、気になる!! とりあえず内見だけでも…ということで見に行きました。 立地は自宅のすぐ目の前なのでよく知っている場所で環境は問題なしでしたが、駅近だけあって戸建てにしてはやはり狭い。 中は、んー可もなく不可もなく…というのが正直なところ。 いわゆる首都圏の狭い3階建ての戸建てでした。 そしてやはり気になる自宅の査定… そもそも高く売れないと完全に背伸びでローン地獄になる…と思っていたのでここはかなり大事でした。 内見のあとそのまま不動産業者の方にうちまでよってもらって査定してもらうことに。 築4年で駅近でしたが、やはり北向きがかなりのマイナスとのことえーん 広さも65平米だったので、ファミリーの多いこのエリアでは3LDKの方が人気なのでちょっとそれも良くはないとのこと。 それにまだ同じマンションからは売りに出されていないので前列がない 気になる査定額は 「2,980万円ですね」 え…っ そんなもん…?? 近隣の売却相場が結構高かったのと、値段が上がっているという話を聞いたりして買ったときより上がるのは当たり前。 +500万円は最低でもほしいと勝手に期待していただけに現実を突きつけられたようでショックでした。 +180万円じゃあ買い換えなんてとんでもない。 これが我が家の買い換え検討スタートでした。 ですが、ここから私たちは購入価格プラス1,000万円で実際に自宅を売却することに成功したのです。 有料記事では私たちの実体験をもとに、実際にプラス1,000万円で自宅を売却する為にしたことを書いていきます。

レビュー

まだレビューがありません

住宅・暮らし・DIY

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード