有料記事

【レシピ販売】お裁縫にがてな人も かごバッグにファスナーをつけれるようになります

20

50人以上が購入

ミシンが苦手、お裁縫したくない人も かごバッグにファスナーをつけれる方法をご紹介します。

こんにちは。 クラフト手芸の講師・作家 パニエ・ドゥ・パピエ会田幸子です。 私はクラフトバンド、紙バンドなどの材料で ハンドメイドのかごバッグを作ったり、教えたり、販売しています。 皆さんはこの夏、かごバッグを購入しましたか? 購入したかごバッグにふたが付いていなくて、残念な経験はありませんか? かごバッグにふたがなくて、中身が丸見えで不安だったりしませんか? 自分でふたを付けて手軽に安心感を手に入れられたらいいですね。 購入したかごバッグに簡単にふたを付けて、高額なかごバッグに変身させることができたら嬉しいですね。 ハンドメイドかごバッグを販売する時も、ふたがあると付加価値が上がり、販売につながりやすいです。 オーダーが増えたり、イベントでたくさん売れるようになるかも。 かごバッグにふたを付ける方法は沢山あります。 ファスナー、巾着、あずま袋等々。 今回ご紹介するのは、 バッグのデザインを活かして上品に仕上がるファスナーの付け方です。 針仕事 ありません。 ミシンも使いません。 ミシンを出したくない時やミシンが苦手な人もこの方法を知っていたら助かります。 針仕事が苦手な人も、工作感覚でできちゃうと思います。    ワークショップで以前ファスナーの付け方を受講された方からは、次のような声をいただいています。 ・「ミシンや針仕事無いなんて、なんて素晴らしい!」 ・「え!そうなの!そんな感じなん!?目から鱗の付け方で驚きの連続でした。」 ・「説明が丁寧で分かりやすかった。 ファスナーを付けられるようになり、これからの作品作りに参考にさせていただきます。」 このファスナーの付け方は、"サックドリュボン"というリボンかごバッグのオーダーをいただいた時に産まれました。 オーダーいただいた方に少しでも気持ちよく使ってもらいたくて、 お裁縫苦手な私でもなんとかバッグにふたができないか考えてたどり着いた方法です。 独自ににファスナー、ポケット、底などの内装をして販売しました。 ブログでの反響が良くて"サックドリュボンライセンスレッスン"の時に「ファスナーの付け方内装方法について」も指導することになりました。 神奈川県でのサックドリュボンライセンスレッスンにもかかわらず、 九州宮崎・兵庫県・愛知県・静岡県・東京都・地元神奈川県は横浜などから来ていただきました。 ※現在はサックドリュボンライセンスレッスンでのファスナーの付け方を指導していません。

普通のクラフトバンドのかごバッグが・・・・

下の写真みたいにファスナーが付いたバッグに「へんし~ん」します。 ワンランクアップしますね。 完成写真 ファスナーを上からみた写真

ファスナー部分の生地を伸ばした写真

横から見た写真 両サイドは開いてます。

裏地をつけた場合の出来上がり写真

ミシンが苦手、針しごとが苦手な人も かごバッグにファスナーをつける方法

今回ご紹介するのは、 購入したかごバッグや、 ハンドメイドのかごバッグに ミシンや針仕事なしで ファスナーを付ける方法です。 特にクラフトバンドのかごバッグにファスナーを付ける方法として販売しています。 販売に合わせて裏地の付け方もレシピに載せました。 多くの写真を使用し、わかり安いようにレシピ作り工夫しました。 ・ご自分のハンドメイド作品にファスナーをつけて販売利用可能です。 ・お教室の教材として利用可能です。 ただし、生徒様も必ずこのレシピを購入してください。 【材料】 ファスナー、布、ボンド2種類(木工用、布用) など 【所要時間】 約90分(初めての時)  【有料記事代金】 1,480円 ぶきっちょんさん?針仕事嫌いな人のお役にたてたら嬉しいです。 作った感想、レビューや☆講評をいただけると嬉しいです。 ※かごバッグの内側ポケットの作り方や内底の作り方は別途販売予定です。 ※強度はミシンや針で縫った方があります。販売等で使用するときはご注意下さい。 ※この方法で作ったもので破損紛失などがありましても、一切責任を負いません。ご容赦ください。

レビュー

(4)

まだレビューがありません

手芸・ハンドメイド

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード