有料記事

人生は挑戦だ!教育大付属小学校受験に落ちましたが何か?第2話

人生は挑戦だ!教育大付属小学校受験に落ちましたが何か?第2話

★購入は自己責任でお願い致します。 ★文才なんぞ、ございません。素人の記事ですのであしからず。 ★購入後の無断転載は禁止です。 始まりましたね、夏休み。 私立小学校の受験を控えている親子さんにとっては、正念場の夏休み。 忙しく受験塾と家の往復。 家に帰ってからは、過去問の復習など。 やることが山のようにある。 子供達は外に出て遊びたい。 親は受験勉強をしてほしい。毎日繰り返す葛藤。先が見えない不安。 そんな時、少しでも息抜きや励みになればと思い書いています。 我が子は受験に落ちました。 落ちたやつの記事なんて、興味ない。 そう、思うかもしれません。 でも、考えてみてください。誰にでも、失敗はあるものです。 失敗があるから、成功がある。 失敗してみないとわからないこともいっぱいある。 失敗を怖がる人生を送るよりも、じゃんじゃん失敗しても笑っていられる人生の方が絶対楽しい。 失敗したから、何だというのだ。 失敗しても、また挑戦してやり直したらいい。 生きている限り、やり直しは何度でもきくのだから。 タフな夏休みを送る、お母さんとお子様に送ります。 第2話は【のほほん幼児期こそ大事にしたい】 第1話は、自分なりの受験動機をつづりましたが、第二話は受験を考え始めた時期に大切にしていた幼稚園や保育園の選び方です。 小学校受験の内容って、日常生活とものすごく密着したものが多いのです。 ですから、同じクラスの子たちのとの関係性や先生の指導の仕方、親の家での接し方が大切で、そのための場所選びが、とても重要だと思っています。 あくまで、私の考え方ではありますが、これから幼稚園や保育園を選ぶお母さまがたの参考に、少しでも役に立てばと思っています。

レビュー

まだレビューがありません

お受験

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード