有料記事

障害児のママになるということ

おめでとう!選ばれました!

障害児のママになるということは、 可哀想だとか 大変だとか 妊娠中のあれこれが原因だとか 遺伝がどうとか 前世で悪いことをしたのだとか 色んな人が好き勝手言います。 でもね? 宝くじとか福引きと同じ。 確率は、当たりが少ないもの。 買えば当たるかもしれない。 産めば、 その子が障害児である可能性は ゼロではない。 ただそれだけのこと。 という場合も多いです。 でもね、可愛い我が子が 障害児だってだけで 泣いているママも いっぱいいるのは事実。 幸せな障害児ママライフは難しいのでしょうか。 障害児ママの笑顔のヒントになれば嬉しいです。 障害児パパも、またおめでとう! 差別するわけではなくて、ちょこちょこママにしか当てはまらないことが出てくるけど、パパは別だってことではないです。

テーマは2つ。 「あなたが障害児ママになった理由」 「障害児育児と育自と育耳」

レビュー

まだレビューがありません

子育て