有料記事

会社は、舞台だ!

人は仕事で育ち、飛躍するチャンスがある。

会社とは、どんなところでしょうか? 社会人となり、仕事の厳しさと楽しさと学びと、会社は舞台です。 あなたが主役です。 丹羽宇一郎著『人は仕事で磨かれる』(文藝春秋2005年) p145 ある時課長がこう言いました。「能力というものは、自分で評価するものではない。他人が評価するものだ」と。 p174 トップに立つ人間にとって、もっとも重要なのは何か? それは、部下との直接の対話です。 p213 リスクを取らない人間ばかりが増えてきたら、商社は一体どこで儲けるというのか。 南場智子著『不格好経営』(日本経済新聞出版社2013年) p214 人が育つ組織 人は、人によって育てられるのではなく、仕事で育つ。 しかも、成功体験でジャンプする。 それも簡単な成功ではなく、失敗を重ね、のたうちまわって七転八倒したあげくの成功なら大きなジャンプになる。 仕事は、自己満足ではなく、結果が求められる。 仕事の苦悩を、心理学的に読み解いても、苦悩は学べない。

人事は、会社の成長を左右します。 「一緒に仕事をしたい」と思える人材を、必死に探します。 会社を成長させるのは人であり、人が価値を創造します。 松井道夫著 松井証券代表取締役社長 『好き嫌いで人事』(日本実業出版社2005年) p134 何回でも言う。民間企業と官庁や公社はまったく違う代物なのである。杓子定規とか画一的といった特徴は、民間企業においていは衰退・老化の最大の要因である。 p150「実力」とはあいまいで抽象的な言葉ではある。「実力」とは、要するに性格や人間性、仕事ぶりをすべて含めた「個」としての人間の魅力、すなわち「人間力」である。 山田宏著『つまるところは、人と人』(日本経済新聞社1988年) p30 ホンネを出してはいけない時もある p126 困らなければ知恵は出ない p138 女性が働きやすい環境をつくる 女性の活躍を取り入れた会社が、これからの成長のカギになっている。

会社を活気あるものにするには、どうしたら良いだろうか? 太田肇/日本表彰研究所著 『表彰制度 会社を変える最強のモチベーション戦略』                    (東京経済新報社2013年) p27 表彰は“やる気”アップの切り札 p74 重層的な表彰制度で社員のやる気を盛り上げる         株式会社サイバーエージェント p178 職員のやる気アップと病院の目標実現をめざして         東京大学医学部付属病院 p205 縁の下の力持ちを称える「奨励型」 表彰は、やる気をアップさせる。流れる水のようだ。 仕事は、常に現在進行形である。10年前の表彰は、心に仕舞う。 伝統校のスポーツの優勝カップとは、違うのです。 ステファニー・ゴダード・デイヴィドソン著/弓場隆訳 p36 舞台を転換しよう p86 熱中できることを仕事に見つけよう p141 全体を見渡そう 仕事の「やる気」を育てるには、どうしたら良いか。 会社での人間関係や社内恋愛、人事考課、内部監査などについて、これから読み解いていきます。

レビュー

まだレビューがありません

デザイン・写真

もっとみる

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード