有料記事

ルナールの『にんじん』を読んで、いじめ・虐待について考える読書感想文を書くコツ

1〜9人が購入

ルナールの『にんじん』を読んで、いじめ・虐待について考える読書感想文を書くコツ

赤い癖毛にそばかすを頬に散らした男の子は、その容姿から「にんじん」と言うあだ名をお母さんにつけられ、お母さんからの理不尽な意地悪に歯をくいしばって耐え続けます。まだ働くこともできない子どもは、どんなに嫌なことがあっても衣食住を世話してくれる大人の下から逃げ出せません。嫌なことがあって大人の下から逃げ出しても、自分の力で衣食住の世話ができないでしょう。子どもは世話をしてくれる大人にその命を預けているも同然です。しかし、大人は子どもの衣食住だけの世話をすればいいという訳では決してありません。子どもの心を傷つける言動(現代の言葉でいうと精神的虐待)は、体罰同様決して許されるものではありません。虐待により命を落とした子どもに関する報道を目にする機会が多い今日、1894年発表の『にんじん』を読んで、いじめや虐待について考えながら、読書感想文を書くコツを紹介します。なお、新潮文庫の高野優訳を参照しています。

レビュー

まだレビューがありません

本・マンガ・映画

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード