有料記事

おっと?な夫がみるみる優しくなる!ある意味ホラーな夫教育映画10選

1〜9人が購入

Supported by REQU

夫―OTTO  意味:結婚している男女の、女性を「妻」というのに対し、男性をいう語。

夫―OTTO 意味:結婚している男女の、女性を「妻」というのに対し、男性をいう語。 はい、みなさんこんばんは! 「Machinakaの映画夢日記」のMachinakaでございます! この記事が初めて、という方はブログ記事[https://ameblo.jp/machinaka-blog]をご覧くださいね! 主に新作記事を書いてるブログとなります。 さて、REQU一発目の記事はこちら!! 「夫がみるみる優しくなる!ある意味ホラーな夫教育映画5選」 世の中には、妻がいれば必ず夫、おっと?OTTO、Husband、、、色んな夫がいますね。 優しくて力持ちで、いつも妻を気にかけてくれる素敵な夫もいれば、、、 「ごめんやっぱメシいらない」 「ごめんLINE気づかなかった」 「いまいそがしい」 「   (無視)  」 妻は蚊帳の外。自分だけの世界を楽しむ、おっと?と思ってしまう夫も世の中にはたくさんいます。 その証拠に!!! ほら、Googleで「夫」と検索をすれば!!

「夫 イライラ」 「夫 ストレス」 「夫 嫌い」 ・・・・ここまで直接的すぎると、男の私も怖くて震えます。 一方で「妻」と検索すると、、、

「イライラ」、「嫌い」というワードが一切入っていない。。。 なんという差! それだけ夫に悪い人がいるのか? 妻と夫で何が違うんだ? ってか「死んだふり」ってなんだ!? とにかく! 決定的なことは、妻が夫に対してイライラしている、ストレスが溜まる、腹ただしいという気持ちを持っているのです!!!  もはや地球が誕生してからの課題かもしれないけど、改めて言おう! 妻は夫に怒っている!! 夫にイライラしている!!! どうすれば夫が自分に優しくなるか? どうすれば自分を理解してくれるか? どれだけ言っても暖簾に腕押し。まったく改善してくれない夫に、イライラしてしまうことも多いのでは? 言葉でどれだけ言っても聞いてくれない、、、そんな時、映画の力を借りてみるのはいかがでしょう? 妻でも友人でも知人でもない、まったく赤の他人である映画俳優を見て、思わず「ハッ!!!」と目が覚めるかもしれませんよ? 今回ご紹介する映画は、どれも一級品の良作ヒューマンドラマ映画ばかりです。しかし、映画を最後まーで見てみると、夫の背筋が少し伸びている。皿洗いを率先してやってくれる。映画を観る前と後で、夫の何かが変わってる、はず。 普通の映画じゃここまで治りません。強烈な個性を放つ、夫が本当に改心するような、インパクトのある映画が必要です。「夫としての素質を間接的に問う」映画ばかりを紹介しますwwww これだけ言うと悪趣味に聞こえますが、映画のルック(第一印象)は極めておしゃれなのに、中身を見てみると夫だけが強烈な反応を示す。という特別な映画です。 強烈な個性を放つ、夫にとってはある意味ホラーな、夫がみるみる優しくなる映画をご紹介したいと思います!!! 紹介する映画は、どれも①夫婦が主人公であること、②夫が家庭をかえりみない「おっと?」な行為をしてしまうこと、③最終的にそんな夫が改心し、妻と向き合わざるをえない夫教育映画を紹介したいと思います!! それでは、「おっと?な夫がみるみる優しくなる!ある意味ホラーな夫教育映画10選」、一発目はこれだっ!!!

レビュー

まだレビューがありません

本・マンガ・映画

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード