有料記事

文章力が、成功を導くカギ。

1

ネットで文章を書く力が、チャンスをつかむ時代になった。

文章を書くことは、好きですか。 今、ネットの時代になり、メールやラインで文字が大活躍しています。 仕事では、電話で話すのと同じくらいに、メールの時代です。 メールで、商取引の情報交換が盛んに行なわれています。 営業では、文章をタイピングするのが、日常茶飯事です。 あなたの仕事は、どうですか? 福島哲史(ふくしまてつし)著 (1960年京都生まれ) 『「書く力」が仕事力を高める!』(KKロングセラーズ2006年) p38 自己啓発は「書くこと」で実現していく p208 IT時代の“書く力”     書くことを通じて、新しいコミュニケーションが可能となる 和田秀樹(わだひでき)著 (1960年大阪府生まれ) 精神科医 『おカネになる文章が書ける』(新講社2008年) p20 誰でも「いい文章」に憧れる時代になってきた p30「いい文章」が書ける人が成功する時代になった p135 文章を他人に読んでもらって はじめて「作品」となる 2000年から、インターネットのある暮らしを楽しむようになって、 文章をタイプすることが、日常になりました。 どうしたら、相手に伝わるかと、文章の書き方の本を読み漁りました。 その試行錯誤を、ここで書いていきます。

20代の頃、作家になることに憧れていました。 文章を書くことなく、小説を読み、読書生活の日々でした。 中谷彰宏著『人は誰でも作家になれる』(ダイヤモンド社1996年) p11 書きたい人は多いが、実際に書く人は少ない。    出版社は、必死に新人作家を探している。 p95 作家になる学校に行くより、ライターのバイトをした方が、    勉強になる。 中谷氏の文章は、説得力がある。 文字の大小の使い方、心を引き寄せる文章力に魅力がある。 アメブロさんを舞台にして、自分の作品やサービスを公表することで、 市場の審査を受けることになる。市場価値がなければ、売上ゼロです。 ショーン・コネリー主演の『小説家を見つけたら』(2000年) この映画は、名作を残して消えた高齢な作家と、16歳の文才ある高校生。 二人の出会いに、文章を書く情熱と、教えがある。 「アメブロさんで、憧れの文筆家になる!?」に書きました。 https://ameblo.jp/vitamin-tom/entry-12483576904.html

文章が、上手に書けるようになるには、どうしたら良いか? それは、書き続けるしかないです。 頭で思っていることを、活字として打ち出す、書き出す。 その積み重ねが、文章力になります。 ピアノの練習と同じです。 田村耕太郎(たむらこうたろう)著 『野蛮人の読書術』(飛鳥新社2013年) p48「課題図書リストを手に入れただけで、東大EMPに来た目的の半分は    達成できた」    東大EMP(東京大学エグゼクティブ・マネジメント・プログラム) 優秀な人たちは、その道の課題図書がわかると、それを読み込みます。 本を、それぞれ、7回読むことで、その知識が身につきます。 重要なところは、なんども読み返します。 横山滋(1948年生まれ)著 『模倣の社会学』(丸善ライブラリー1991年)  まえがき 『模倣の法則』の初版の序で、タルドは、模倣のことを「殆どありとあらゆる錠前をあけうる鍵」と言った。 ここから、文章力が社会で成功を導くガキであることを読み解きます。

レビュー

まだレビューがありません

ライフスタイル

もっとみる

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード